教えて、シード君!

京都府西京区阪急桂駅前の学習塾、シードゼミのブログです。毎日の勉強を少しだけラクにTipsを紹介します!

阪急桂駅徒歩1分!京都市西京区に根ざして15年。地域密着だからこそできる、ひとりひとりににあわせたきめ細やかな指導が自慢です!

SEEDゼミウェブページもあわせてよろしくお願いします!

NO.420【スマホ上級者になろう!】

先週に引き続き、今週も定期テストを控える学校が多いということで、休日は全て開室し、定期テスト対策を行っていました。
授業はもちろん、それ以外の人もたくさん自習しにきて、頑張ってくれていました。
みんな勉強を頑張っていてくれていたのはよく分かっていますが、その中で僕は何人かの生徒さんに「ある注意」をしました。
それがタイトルにも入っている、「スマホ」の使い方についてです。
とある生徒さんは、問題演習をしつつも左手にはスマホを持ったまま…(笑)
友達からのLINEが気になって仕方がなかったとのことでした。
「そんな細切れの集中力で成績が伸びるの?」と聞くとその子は首を横に降ります。
スマホに意識を奪われたままで成績なんて伸びないことは本人が一番分かっているようです(当然ですね)。

自分で言うのも恥ずかしいですが、僕はかなりのスマホヘビーユーザーです。
それこそ注意した生徒さん(いやっ、他のあらゆる生徒さんを含めても)とは比べ物にならないくらい、スマホをいじっていると思います。
もちろんそれは仕事の連絡や情報収集のためというのが主だった使い方ですが、と一応言い訳はさせて下さい(笑)
(ちなみにこのコラムの下書きも移動中にスマホで書きました)
そんなヘビーユーザーの僕ですが、普通に使っていたら皆さん同様に友人から連絡やニュースが気になってしまうので、スマホに時間を取られないためにあれこれ工夫をしています。

僕がスマホに時間を奪われすぎないように工夫していることの一つで、皆さんにも取り入れてほしいものがあります。
それがLINEやTwitterなどのSNSとゲームアプリのバイブレーション/バッジ/ロック画面の通知を全てオフにするというものです。
友達からの連絡やゲームの更新などが気になってしまう最大の理由は、スマホを見ていないときにも画面に通知が表示されることにあります。
だから、そもそも開いているときにしか通知を見ることができないようにしておくだけで、かなりスマホに気が向いてしまうのを防ぐことができます。
もう一つ以外と有効な手段に、ゲームアプリなど、娯楽形のアプリは開いてすぐの画面に置いておかないというものがあります。
実際に僕は開いてすぐのところは仕事に必要なスケジュールやメッセージアプリや情報保存系のアプリ、次のページにSNS系、そしてその次に趣味のアプリという順番にしています。
重要度の低いアプリほどたどり着くための物理的な工程を増やすことでも、スマホを触っている時に誘惑に負けるのを防ぐことができます。

僕は決して「スマホを使うな!」なんて言いません。
むしろ、「便利なんだから積極的に活用しよう。」が僕の口グセ。
ただしそれは「スマホに使われない」ことが前提です。
自分の生活を便利にするためのデバイスなのに、それに気を取られてしまっては本末転倒です。
あくまでスマホは「使うべき道具」です。
自分の欲望をコントロールして、スマホと上手に付き合ってください。
そのために、ぜひ上に挙げた2つの方法を実践してみてはいかがでしょうか?