教えて、シード君!

京都府西京区阪急桂駅前の学習塾、シードゼミのブログです。毎日の勉強を少しだけラクにTipsを紹介します!

阪急桂駅徒歩1分!京都市西京区に根ざして15年。地域密着だからこそできる、ひとりひとりににあわせたきめ細やかな指導が自慢です!

SEEDゼミウェブページもあわせてよろしくお願いします!

No.419【小論文もスポーツも、練習試合の前に筋トレをしなきゃ!】

AO入試が近いということで、連日多くの生徒さんが小論文や志望理由書の書き方について聞きにきてくれます。
もちろん相談に来てくれた生徒さんに関しては文系担当の講師が分担して、責任持って書けるところまで指導はしていますが、どうしてもレギュラー授業の始まる前後の時間になってしまい、なかなか全員の添削をその場で行い、書き方のアドバイスはするのは難しい状況…
何人も同時に持ってきてくれた時は、メールアドレス宛に添削した文書を送ったりという形で対応をしていますが、どうしても添削だけでは手が回らない部分があります(みんなごめん!)
そこで今回は家庭でもできる(自分でやっておいて欲しい)小論文の練習方法を紹介したいと思います。

僕は小論文の指導をするときによく、作文のことをスポーツの練習試合と筋トレに例えます。
サッカーでもバスケットボールでも野球でもいいですが、やっぱり試合をしているときは楽しいはずです。
それに比べると地味だし、退屈だし、シンドイし…なんて思って敬遠しがち。
これは結構多くの人が思うことなのではないでしょうか?
もちろんこれは僕も同じです。
筋トレなんてやるよりも試合に出て点数を競いたい。
一方で試合結果を出すにはどうしたらいいかということを考えると、やっぱり筋トレは不可欠です。
どんなに試合にたくさん出ても、基本的なテクニックを練習しなければいつまでたっても技術は上達しませんし、筋トレを避けていてはパワーも持久力もつきません。
勝つためには、どうしてもそういった積み上げが不可欠です。

スポーツの場合、これは直感的に分かることなのですが、これが小論文になると途端にイメージが湧きづらくなってしまいます。
スポーツと同じように、小論文でも練習試合の他に筋トレが必要なことは分かったけれど、そもそも小論文における「練習試合」と「筋トレ」とは何なのでしょう。
小論文における「練習試合」は簡単で、まさに「書く」ことです。
過去問でも問題集でも構いませんが、とにかく題材を見つけて書く。
これが小論文における練習試合です。
それでは「筋トレ」は何なのか?
小論文における練習試合が書くことだとしたら、筋トレは「ネタ帳作る」ことです。
ネタ帳とは、お笑い芸人さんや作家さんが気になったことやきになったものをまとめるノートのことです。
小論文を受験で使いたいと思っている方は、ぜひこの「ネタ帳」を作ってみて欲しいのです。
ネタ帳に書く内容は①自分が気になったこと(身近なこともニュースや時事ネタも)、②面白いなと思った人の意見やアイデア、③自分が頭の中で考えていることの3つ。
一日に見開き1ページを埋めるくらいを目標に、書き溜めてみてください。
こういったネタ帳をひと月も書いていると、小論文を書こうとするときに、びっくりするくらいにアイデアや主張、主張に対する適切な具体例が思いつくようになるはずです。

小論文を添削していると、やる気は人一倍だけれど、如何せん視点が一つしかないという生徒さんをチラホラみかけます。
もちろん、同じようなテーマであればそれで構いませんが、全く違う切り口の問題が出題されたら対応できなくなってしまいます。
僕が添削をする際は、その辺を意識して様々な切り口(とその出し方)を伝えるようにしています。
ただこれは、僕がいなくても、ネタ帳を作っていればできる作業なのです。
とにかく数をこなしているのだけど、何だか伸びている気がしない。
そんな風に思っている人がいたら、ぜひネタ帳を作ってみてください。
そしてもちろん出してくれた小論文は、必ず全て添削します!
入試が迫るこの時期に焦るのは分かります。
しかし、そんなタイミングだからこそ、「筋トレ」を意識してみましょう。