教えて、シード君!

京都府西京区阪急桂駅前の学習塾、シードゼミのブログです。毎日の勉強を少しだけラクにTipsを紹介します!

阪急桂駅徒歩1分!京都市西京区に根ざして15年。地域密着だからこそできる、ひとりひとりににあわせたきめ細やかな指導が自慢です!

SEEDゼミウェブページもあわせてよろしくお願いします!

No.394【計画を立てることで... 】

これまでも個別にアドバイス等はしてきましたが、今年からシードゼミでは定期テストに向けた学習計画手帳を子どもたちに配っています。
テスト範囲や、やるべきこと、目標や週間スケジュールを予め立てておいて、テストを万全の準備で迎えようという意図で導入しました。
現在、桂中学校、桂川中学校、大原野中学校、樫原中学校の生徒さんは来週のテストに向けて通常授業後にテスト対策の時間を設けているのですが、その授業の終わりに、皆さん真剣にスケジュールを書き込んでくれていました。

テストで点数が取れないと悩む生徒さんが多いと思いますが、その原因のほとんどは①そもそも勉強時間が足りていないか②勉強が間に合わないかのどちらかです。
これらを解決するために最も有効なのが、スケジュール管理なのです。
きちんとした手順に則ってスケジュールを立てると、自分がどのくらいの時期に何をしなければならないのかという予想を立てることができるようになります。
この予想が立つことで、自分がこれからしなければならない「未来の行動」がだいたいイメージできるため、勉強時間の確保や、スケジュールの遅れを減らすことができるのです。

「勉強をするためにスケジュールを立てよう」というと、「そんなものを書いている時間があるなら勉強に割いたほうがええんちゃうの?」と思う人がいるかもしれません。
実際に、僕たちが学習計画手帳を配布したときにも、何人かの生徒さんがそういったことをいっていました。
確かに、直感的にはスケジュールを立てたり、やったことを記入したりする分が時間のロスになっているように感じるかもしれません。
しかし実際には、そこで費やした時間の何倍もの効率を手にすることができているのです。

たとえば、何も見ないで正確に1時間を計ってくれと言われて、ピタリと1時間を当てることができる人自信のある人はほとんどいないでしょう。
しかし、1分を正確に当ててくれと言われた場合は、かなり近い数値に寄せることができる人が出てくると思います。
それならば、1分を60回分行ったらどうでしょう?
おそらく、1時間を一発でピタリと当てにいくよりも、1分を60回繰り返すほうがずっと正確な時間になるはずです。
このように、細かく細分化すれば、それだけ理想値に近い値に近づけることができるのです。
勉強だって全く同じです。

スケジュールは、勉強を細分化するためのツールです。
絶対に投じた時間以上のリターンが得られるはずなので、テストで頑張りたいと思っている人は是非導入してみてください。