教えて、シード君!

京都府西京区阪急桂駅前の学習塾、シードゼミのブログです。毎日の勉強を少しだけラクにTipsを紹介します!

阪急桂駅徒歩1分!京都市西京区に根ざして15年。地域密着だからこそできる、ひとりひとりににあわせたきめ細やかな指導が自慢です!

SEEDゼミウェブページもあわせてよろしくお願いします!

No.382【大事な努力だからこそ「損切り」をしよう。】

こんなに投資したのだから、今更引けない。
最終的に上手くいけば、全部がチャラにできるはず。

本日はテスト対策ということで、朝10時から教室を開けていました。
本当は18時閉室だったのですが、生徒さんの熱意に押されてついつい9時過ぎまで開けてしまいました。
テスト直前期ということで、本当に皆さん頑張ってくれていました。

どの生徒さんもみんな一生懸命に勉強してくれているからこそ、少し厳しい言い方かもしれませんが、1つだけ皆さんにアドバイスがあります。
それは、「結果に繋がらない浪費を深追いするな」ということです。
今日も質問に来てくれた方のうちの何人かには言いましたが、テスト直前期の対策には「損切り」が大切です。

経済学の用語に「サンクコストの呪縛」というものがあります。
これは、時間や労力などをある物事に投資すればするほど、結果が出ていないと元を取らなければという思いが膨らみ、「途中で撤退する」という選択が取りづらくなるというものです。
結果ズルズルと引きずってしまい、そこで切り上げるのよりも何倍も大きな損失になってしまう。
皆さんもこんな経験をしたことがありませんか?

いうまでもなく、勉強には目的に向かって最大限の努力をすることが必要です。
しかしそれは十分に時間があるときに言えることです。
残念ながら定期テストは範囲も決まっており、試験までの時間も限られています。
しかも何科目もの対策を同時にしなければならない。
そんな、制約がいくつもある場合には、今ある自分の能力の中で最もいい結果をあげるために、時として「損切り」というものが不可欠なのです。

冒頭にあげたのは、サンクコストの呪縛に囚われて損切りができなかった結果、最終的に上手くいかない人の典型的な思考法です。
テスト勉強でこれに似た気持ちになっているという人はいませんか?
折角日曜日に頑張ってテスト勉強に来てくれている。
だからこそ、僕たちは皆さんに現状でとることができる、もっとも良い戦略を選択して欲しいのです。
塾生が通う多くの高校では今週の火曜日から試験が始まります。
損切りさえできれば、やれることはまだまだあります。
是非範囲が多くて心が折れるなんてことはなく、今取れる最良の選択をするようにして下さい。
そうすれば、まだまだ実力は伸びます。