教えて、シード君!

京都府西京区阪急桂駅前の学習塾、シードゼミのブログです。毎日の勉強を少しだけラクにTipsを紹介します!

阪急桂駅徒歩1分!京都市西京区に根ざして15年。地域密着だからこそできる、ひとりひとりににあわせたきめ細やかな指導が自慢です!

SEEDゼミウェブページもあわせてよろしくお願いします!

No.378【その対策は本当に有効ですか?見当違いの勉強を避けるための処方箋】

僕たちは普段の指導の際に、生徒さんが躓いている原因の正確な特定と、それに対する的確な対処法の提示を常に心がけています。
①躓いている理由が正確に分かり、②それに対する的確な対処をするからこそ成績が伸びるわけです。
僕は生徒さんが伸び悩んでいる原因を特定する際に、しばしば以下のような論理マップを用います。

ある問題を解こうと考えたとき、その問題を解くのに必要な知識は、特定の単元内容だけでなく既習の内容も用いられている場合が殆どです。
仮にそれが仮定法の問題であるとしても、仮定法の知識だけが分かれば解けるという問題は稀で、実際には他単元の知識が身についていることが必要なのです。
つまり、問題が解けない原因を探ろうとすれば、単元毎に完全に独立しているのではなく、互いに関連しあっているという前提は非常に大事になってきます。

たとえば、仮定法が苦手なA君がいたとして、彼が間違えた問題をプロセスに分解すると、①文型の知識、②時制の知識、③仮定法の知識に分かれているとします。
そしてA君の場合①文型の知識も③仮定法の知識もある程度勉強ができていて、それぞれ70%、60%以上定着しているけれど、②の時制が苦手で20%しか定着していないとしましょう。
問題を解くにはそれぞれのプロセスをフィルターのように通過させなければなりません。
とすると、A君のこの問題におけるアウトプットの質は最も理解度の低い②時制の知識の20%になってしまうのです。

A君のようなパターンの場合、多くの生徒さんが「今やっているのは仮定法だし、実際に十分に理解ができていない(上の例でいけば60%)のだから..」と感じ、③仮定法の知識を60%から70%、80%へと引き上げるといった勉強をしてしまいます。
しかしながら、③をいくら引き上げたところで、時制のフィルターを20%しか突破しないのであれば、いくら③のパーセンテージを上げたところで無意味なのです。
A君の場合にまず行うべきは、「いかに早く時制の知識を60%以上に引き上げるか?」の一択です。

頑張って目の前の勉強に打ち込めば打ち込むほど、根本的な原因になっている部分に対しては意識が向かなくなってしまいます。
(もちろんそういうときに的確に原因を見抜き、アドバイスを行うことが僕たちの仕事なのでどんどん頼ってくれればいいわけですが…笑)
勉強にはやる気や根性も大切ですが、それが全てではありません。
「頑張ろう」と思っているときほど、一歩引いた視点で現状を分析してみる。
そこで論理的に正しいだろうという仮説を立ててから勉強に打ち込むと、驚くほどに結果が変わるかもしれません。
勉強は「難しいから分からない」のではなく「原因が分からないから難しく感じる」のです。
原因の分析と的確な対策。
このことを常に意識して問題と向き合ってみてください。

f:id:kurumi10021002:20180406170509g:image