教えて、シード君!

京都府西京区阪急桂駅前の学習塾、シードゼミのブログです。毎日の勉強を少しだけラクにTipsを紹介します!

阪急桂駅徒歩1分!京都市西京区に根ざして15年。地域密着だからこそできる、ひとりひとりににあわせたきめ細やかな指導が自慢です!

SEEDゼミウェブページもあわせてよろしくお願いします!

No.369【緊張で眠れない人のための入試前日に確認したい7つの心得】

明日はいよいよ私立高校入試本番です。
シードゼミに通う生徒さんたちも、つい先ほどまで最後の調整をしてくれていました。
集中力が途切れることなく真剣に取り組む姿を見ている限り、明日の試験も安心です。
みなさん、明日は今までに磨いてきた武器を活かして、思い切り戦ってきてください。
さて、本日塾に来てくれた生徒さんの何人かにはすでに言いましたが、僕は試験の前日の生徒さんには、前日に意識しておきたい3つのテクニックと、試験会場で意識したい4つのテクニック(というか心構え)というものを伝えるようにしています。
明日受験で緊張しているという人がいましたら、ちょっと確認してみて下さい。

 

1.普段と違う生活習慣を送らない


受験前日になると「今日はしっかり寝よう」や「朝ごはんをしっかり食べよう」といったように、生活習慣を良くしようとする人がいます。
僕は「前日だから」という理由で生活リズムを変えるのはむしろ良くないことであると考えています。
前日だけ生活リズムをよくしようなんてすると、夜中に目が覚めてしまったり、早く寝ようとしてもそもそも眠れなかったりと、余計な不安が生まれがち。
「緊張して眠れなかった」という人がいますが、そのほとんどは「普段と違う時間に寝ようとしたから眠れなかった」なのです(笑)
普段と違う行動をして普段と違う結果になって不安になるくらいなら、普段どおりに行動して下さい。
いつも夜更かししている人ならば、今日も夜更かしした方がかえって安定するかもしれません。

 

2.新しい知識を覚えようとしない


入試前日に少しでも多くの知識を入れておかなければと、今まで知らなかった公式や単語を暗記しようとする人がいますが、これも逆効果です。
緊張した空気の中で受ける試験において役に立つのは、自分の身に染み付いた「使いこなせる知識」だけです。
皆さんの頑張りなら、今までに身につけた知識を使いこなしさえすれば、十分入試を突破できるはず!
知らない応用問題よりも、知っている基本知識です。

 

3.交通機関の遅れで焦らない


もしかしたら明日目が覚めて試験会場に向かうとき、急な積雪や事故、電車の遅延等に会うかもしれません。
しかし、そういうときに決して焦ってはいけません。
入試は「将来自分の学校に来て欲しい学生」を選ぶための制度です。
不慮の出来事で未来の優秀な生徒候補を手放すなんてことは絶対にありません。
もし何らかの原因で遅刻しそうな時は、落ち着いて入試課に連絡をして下さい。
連絡が取れない場合は試験会場について、落ち着いて事情を説明して下さい。
絶対に暖かく迎え入れてくれるはずです。

 

ここからは試験中のお話。

 

4.開始と同時にペンを置く


試験が始まったら、いきなり問題を解きださず、一度(カンニングにならない程度に)周りを見てみましょう。
先に周りを見ることで、入試独特の空気感に呑まれるのを防ぐことができます。
周りの焦る姿をみて、「ああ試験なんだ」と思えたら、すでに平常心が取り戻せているはずです。

 

5.問題全部に目を通す


問題用紙を開いたら、まずはペラペラと問題をめくってみるようにしましょう。
どんな問題が出てくるのか、出題傾向は変わっていないか等、始めに全体を見ておくことで得られる情報がいくつもあります。
一緒に受けている大半の受験生が次はどんな問題が出るかも分からず正面から一問一問解いている中で、自分だけはどんな問題が出るかを知っているというのがどれほど優位なことであるかは、想像に難くないでしょう。

 

6.必要以上に鉛筆を出さない


これは試験中のテクニックというのかあいまいな部分がありますが、折れたときのためにといって、何本も筆記用具を机の上に準備するのはあまりオススメしません。
3~4本ならともかく、10本ちかくも置いてあったら、それが机から落ちないかの方が心配になってしまいます。
それに、試験中に「落ちた」なんて縁起悪いですし(笑)
必要以上に筆記用具を準備しない。
案外重要なテクニックです!

 

7.休憩時間に友達と答え合わせをしない


試験が終わると、休憩時間に友達と「あの問題どうやった?」と、答えあわせをし始める人がいますが、これは絶対に避けるべきです。
仮にそこで一問ばかり問題があっていることが分かったところで、合格しているかなど全くわかりません。
そのくせ間違えていたと分かると、急に不安になり、確実に次の試験に影響が及ぶでしょう。
試験中の答えあわせはデメリットばかりです。
試験が終わったらさっさと気持ちを切り替えて、次の試験の準備をする。
この意識を絶対に忘れないで下さい。
前の試験を引きずるのは厳禁です!

入学試験といったって、やることはいつもと変わりません。
試験会場でいつも通りの結果を出す。
そうすれば皆さんならきっと合格できるはず!
もし、緊張や不安に教われている人がいたら、上の7項目を確認して、気持ちを整えてみてください。
明日、試験会場で十分に実力を発揮できることを心から願っています。


頑張れ!