ほぼ日刊、SEED君のひとりごと

京都府西京区阪急桂駅前の学習塾、シードゼミのブログです。Facebookで更新しているコラムを転載しております。

阪急桂駅徒歩1分!京都市西京区に根ざして15年。地域密着だからこそできる、ひとりひとりににあわせたきめ細やかな指導が自慢です!

SEEDゼミウェブページもあわせてよろしくお願いします!

No.318【情報処理型の「テスト脳」から情報編集型の「まなび脳」に切り替えよう!】

2017/05/30

今日で高校も合わせて殆どの学校で定期テストが終わりました。
みなさん、お疲れ様です。
ここのところずっと知識を詰め込む勉強が多かったことと思いますので、少し息抜きも兼ねて一つクイズを出したいと思います。
よかったら頭の体操をしてみて下さい。
Q1.1分間で「りんご」から連想するものを、できるだけ多く書き出してください。
いかがでしたでしょうか?
おそらく、「甘い」「シャリシャリ」「赤」「緑」「光沢」「果物」「蜜」あたりは思いついたのではないでしょうか?
あるいは「リンゴ飴」「リンゴジャム」「アップルパイ」などなど。
他にもリンゴの品種名で「王林」や「ゴールデンデリィシャス」「紅玉」「ふじ」なんていうのを思いついた人がいるかもしれません。
さて、いまここに挙げた物で14個。
この辺りでもう思いつかないという人は、情報処理力に特化した「テスト脳」に凝り固まってしまっている可能性があります(笑)
元杉並区立和田中学校の校長先生で、現在は奈良市立一条高校の校長先生をされている藤原和博さん(テレビにも度々出演する、さだまさしさんに似ている先生です)は、頭の働きを情報処理力と情報編集力という二つに分け、これからは後者が重要だという話を講演解等で頻繁に語っています。
情報処理力とはパズルのように正解のあるものをいかに速く、的確に解くかという力のことで、情報編集力とは答えの無い課題に対していろいろな方向から考える力のこと。
定期テストのようなアウトプットの場では情報処理力が大きな力を発揮しますが、日頃の授業で新しいことを学ぶ際には情報編集力が重要になってきます。
皆さんはテストが終わって情報処理力が中心の「テスト脳」から、情報編集力中心の「まなび脳」に切り替えがでいていますか?
この切り替えが出来ていないと、頑張ってなんでもかんでも「唯一の正解」を丸暗記しようという姿勢になり、あっという間にキャパオーバーになってしまいます。
テストが終わって、大切なことは「テスト脳」から「まなび脳」に切り替えることなのです。
冒頭で書いた「りんごから連想するものを挙げる」という問題について、「テスト脳」から「まなび脳」へ戻すために、直接的な「りんご」から離れて連想してみましょう。
誰が聞いても「正しい」答えではなく、「えっ、そんなのもいいの?」なんて思えるものが出せるようになれば、大分「テスト脳」を脱却できるはずです。
たとえば…
青森/山梨(リンゴの産地)
梨(形が同じ)
アップル社(ロゴがリンゴ)
スティーブジョブズ(アップル社元CEO)
PPAP(ピコ太郎のネタ)
白雪姫(毒リンゴ)
アダムとイヴ(禁断の果実)
リューク(デスノートの死神の好物)
ドクQ(ONE PIECEでリンゴの爆弾を配るキャラ)
ビックリアップル(トリコの中に登場した食材)
ベルモット(名探偵コナンの敵の名前。FBIの中での呼び名が「腐ったリンゴ」)
ニュートン万有引力(リンゴが落ちたことをきっかけに発見したというエピソード)
ゴリラ(しりとり繋がりでリンゴ、ゴリラ、ラッパetc...)
金庫(RINGOの母音と共通)
論議(RINGOの子音と共通)
椎名林檎(日本のミュージシャン)
リンゴ・スタービートルズのメンバー)
りんごのうた(椎名林檎さんの楽曲)
雲は白リンゴは赤(aikoさんの楽曲)
リンゴ追分(美空ひばりさんの楽曲)
午後の紅茶(アップルティー)/Qoo(リンゴ味)/朝食りんごヨーグルト/ガリガリ君
リンゴ病(ほっぺたが赤くなる病気)
うさぎ(お弁当にあるうさぎ型に切ったりんご)
クルマ買い取りアップル
僕はこんなものを思いつきました(大半が屁理屈って思われるかもしれませんが…)。
正解を求める「テスト脳」から、好奇心が溢れ出る「まなび脳」に切り替えて、能動的な勉強をしましょう。
他にも「そんなものがあるのか!」というものがあったら教えてください!(笑)