ほぼ日刊、SEED君のひとりごと

京都府西京区阪急桂駅前の学習塾、シードゼミのブログです。Facebookで更新しているコラムを転載しております。

阪急桂駅徒歩1分!京都市西京区に根ざして15年。地域密着だからこそできる、ひとりひとりににあわせたきめ細やかな指導が自慢です!

SEEDゼミウェブページもあわせてよろしくお願いします!

No.309 テスト攻略のキーワードは「インストール」と「使い方」

2017/05/19

中学生、高校生ともにテストが近づいて、だんだんと平日でも自習をしに来る子が増えてきました。

昨日も今日も、勉強をしに来る子が多くて、ピーク時には自習用の教室から溢れ、受付や僕の仕事机を使って勉強をする生徒さんが出てくるほど(笑)
せっかく頑張ってくれているので、僕たちもできる限り彼らの力になりたいと思いながら、テスト期間の日々を過ごしています。

さて、テスト勉強において、僕はいつも「勉強は『インストール』と『使い方』だ」というお話をしています。
例えばイラストレーターや動画編集ソフト、或いはスマホゲームアプリだってそうですが、そもそも技術を身につける前にそれらのソフトをインストールしなければなりません。
また、インストールしただけではダメで、ソフトをインストールしたのなら今度はそれを使いこなす訓練をしなければなりません。
この2つのフェーズがあって初めて何かしらを習得することができるわけです。
勉強もまったく同じ。
そもそも問題を解く上で必須の知識をしっかりと定着させて、その上でそれを使いこなせるように訓練をする。
僕はこれを「インストール」と「使い方」と呼んでいます。

今まで何人もの生徒さんを見てきましたが、テスト勉強で躓いているひとは、概ね次の2種類に分類されます。
①インストールに苦戦している、②インストールせずに使い方ばかりを磨いている
です。
心当たりのある人はいませんか?(笑)
一つ目の、インストールに苦戦している場合の最も効果的な解決策は、まとまった時間を投入することです。
0から1を作るのは、1を2にするのと比べ物にならないくらいのエネルギーが必要です。
①で躓いている子は、このラインに届いていない。
まずは絶対に覚えなければならない公式や構文、単語や重要表現について、まとめて時間を作って頭にたたきこんでしまう。
こうした勉強が有効です。

もう一つの「インストールせずに使い方ばかりを磨いている」タイプの生徒さんもよく見かけます。
だから何度やっても同じところで間違えてしまう、或いは同じ問題なのにある場所では正解で別の場所では間違えている。
こういうタイプの方は、2つ目の「インストールせずに使い方ばかりを磨いている」に当てはまります。
こうした症状に見舞われるのは、そもそも公式や構文が頭に入っていないことが原因です。
まずはその単元を理解するのに必要な最低限度の知識を身に付ける(インストール)することが必要なのです。

テスト勉強は「インストール」と「使い方」。
このことを肝に銘じて勉強するだけで、かなり結果が変わってくるように思います。
今から勉強を始めようという方は、この事を意識してみてください!