ほぼ日刊、SEED君のひとりごと

京都府西京区阪急桂駅前の学習塾、シードゼミのブログです。Facebookで更新しているコラムを転載しております。

阪急桂駅徒歩1分!京都市西京区に根ざして15年。地域密着だからこそできる、ひとりひとりににあわせたきめ細やかな指導が自慢です!

SEEDゼミウェブページもあわせてよろしくお願いします!

念系統別!?学習方法の分類

2017/05/12

週刊少年ジャンプに連載しているHUNTER×HUNTERというマンガに、「念能力」という特別なチカラが登場します。
登場人物たちは自分の性格にあった能力を習得するのですが、その習得できる能力の系統は自分の性格である程度決まってきます。
その6つの系統は性格である程度分類することができ、それぞれ「強化系」「変化形」「具現化系」「放出系」「操作系」「特質系」という6つの名称があるのですが、僕はこの分類はそのまま向いている勉強方法の選択に使えると思っています。
勉強ができる友達に聞いたからそのやり方を実践したのだけれど、思ったほど効果が得られなかったという経験をしたことがありませんか?
勉強方法があくまで勉強する主体としての自分に対する従の関係である以上、勉強方法の向き不向きは自分の性格に依存します。
だから、ある人に向いている勉強方法だからといって、それがそのまま自分にも向けているとは限らないのです。
そこで僕が考えたのが、予め自分の性格を認識した上で、自分にあった勉強方法を考えようという方法です。
その性格分類に便利なのが、先のHUNTER×HUNTERにおける6系統です。
マンガの中ではそれぞれの特徴が、以下のように示されています。
強化系 単純一途
変化系 気まぐれでうそつき
具現系 神経質
放出系 短気で大雑把
操作系 理屈屋でマイペース
特質系 個人主義・カリスマ性あり
いかがでしょうか?この中で自分に当てはまるなと思った性格を選んだら、次の性格別勉強法を御覧下さい。

強化系 言われたことをひとつひとつ丁寧に、着実にこなしていくのが得意なタイプ。学校や塾の日々の授業を大切にして、確実に毎回の課題を丁寧にこなすことが成績アップの近道。
変化形 新しいことを覚えたら、すぐに使ってみたいタイプ。だからこそ、公式や構文等は応用問題をこなす中で使いながら覚えていくのが得意です。最低限の基礎知識の確認だけしたら、どんどん難しい問題を解いていくのが変化系にあった勉強方法です。
具現化系 細かな部分にまで意識が向くタイプ。具現化系に属する人は、公式を知ったら基本問題を何度も反復し、完璧に使いこなせるようになった段階で応用すると効果を発揮します。そのため、基本問題での徹底した反復練習が効果的。
放出系 ここに属する人の勉強方法は一拓です。理屈もスケジュールもいいから、とにかくがむしゃらに量を積む。積み上げた量の中から、自分にとって必要な知識や応用力を自然と身に付けるタイプです。計画よりも戦略よりも、今この瞬間に動き始めましょう。
操作系 理屈屋の操作系タイプには、自らが主体的にスケジューリングするのが効果的です。いつまでに何をやるのか、どのくらいのスピード感で計画を立てればいいのか。
そういったところに気を使い、だからこそ結果がでるのがこのパターンです。
特質系 ここに属する人は、自分の勉強スタイルを確立できる人。しかし、それを他の人が真似しても絶対に上手くいきません(笑)だから特質系の勉強方法は千差万別。
自分にあった勉強方法が見つかるか同かが今後の境目になります。

以上が僕の考える性格別勉強方法の分類です。
マンガの説明をベースにしたので説得力に乏しいかもしれませんが効果は絶大です!
是非試してみてください。