ほぼ日刊、SEED君のひとりごと

京都府西京区阪急桂駅前の学習塾、シードゼミのブログです。Facebookで更新しているコラムを転載しております。

阪急桂駅徒歩1分!京都市西京区に根ざして15年。地域密着だからこそできる、ひとりひとりににあわせたきめ細やかな指導が自慢です!

SEEDゼミウェブページもあわせてよろしくお願いします!

成績アップの合言葉は、現状把握と目標設定!

2017/05\09

「スポーツでも勉強でもそうだけれど、何か目標に向かうときには①今から出来ることと出来ないことを考えて②出来ることの中で戦略を立てろ」
授業を行うとき、僕がよく言うことばです。
僕は成績が伸びない大きな要因が「自分の力ではどうしようもない所で悩んでいる」ことと「明確な戦略がない」という2点にあると思っています。
「自分の力ではどうしようもない所で悩んでいる」というのは、自分には才能がないといった(本当はそんなこともないのに)自分の能力不足を嘆くパターンや、部活動が忙しいという自分の活動を重荷に考えるパターン、あるいは学校の小テストの頻度が多すぎるとか宿題が多いといった不満です。
これらに関しては、確かにその通りの部分もあるのかもしれませんが、そもそも悩んでも仕方がありません。
だって、これらの多くは自分ではどうすることもできない「外部要因」だから。
外部要因に対して悩んだところで何もかわりません。
「川が海に向かって流れるのは不満だ!」って言い続けていたら急に逆流し始めたなんて場面、見たことないですよね?(笑)
外部要因は悩むだけ時間のムダ。
だから、勉強計画を立てる上で、そうした要因を全て排除していくことが重要です。
もう一つの「明確な戦略がない」というのも成績が伸びにくい原因になります。
どんな要因で「成績が伸びる」という現象は構成されているのか、そしてその構成要因のうち、自分はどの分野で差別化を測るのか。
これが明確な戦略を立てるということです。
たとえば僕は、「成績が伸びる」という現象は、周りと「差」を作ることで生まれる相対的な現象であると考えています。
この差とは、「他人よりも多くの量を勉強した」という部分で生み出します。
そして、量は時間×スピード×効率でできている。
このうち、即座に増やすことができるのは時間とスピードの2点のみ。
だから、受験勉強において取ることができる戦略は基本的に①勉強の絶対量を増やすのか、②質を維持しつつスピードを上げるかの2択で、自分の外部要因に基づいてどちらの戦略をとるかを考えなければなりません。
これが、「明確な戦略を持つ」ということです。
上に挙げた2点を守って目標を設定すれば、しっかりと頑張っている限り、大なり小なり必ず成果は出ます。
成果が出ないのは原因を外部に求めているか、サッカー選手が必死に二の腕の筋肉を付けているみたいに成果に結びつかない部分で工夫をしているのかのどちらか。
まずは現状の整理が重要です!