ほぼ日刊、SEED君のひとりごと

京都府西京区阪急桂駅前の学習塾、シードゼミのブログです。Facebookで更新しているコラムを転載しております。

阪急桂駅徒歩1分!京都市西京区に根ざして15年。地域密着だからこそできる、ひとりひとりににあわせたきめ細やかな指導が自慢です!

SEEDゼミウェブページもあわせてよろしくお願いします!

だからノートをとりましょう!~瞬間情報処理能力と情報吸収力は違う~

2017/03/19

授業をしていると、時々頑なにノートを取ろうとしない子がいます。
僕は口うるさくノートに残すようにと言うのですが、きっと、学校の授業などではあまりノートをとっていないのではないかなあと思います(笑)
ノートをとらない子がいるというと、勉強が苦手な子の話をしているように思われるかもしれませんが、実はこのパターンの子に多いのは、比較的要領がよく、呑み込みも早いというパターンです。
パッと感覚がつかめてしまうからこそ、ノートに取ることがまどろっこしく感じるのでしょう。

僕は、このタイプの子にこそ、実はノートを一番丁寧に取って欲しいと考えています。
自分の瞬間的な情報処理能力に頼りすぎていて、自分の思考力を超える情報を消化するのが苦手な場合が多いからです。
僕は、人間の情報処理能力には二つの指標があると思っています。
一つは瞬間的にどれだけの情報を処理できるかという類の処理能力です。
これが高いと、一般的に「頭がいい」とか「要領がいい」と呼ばれます。
一方で人間にはもう一つ、瞬間の情報処理能力を超える内容をゆっくりと、時間をかけて自分のものとして身につけるというタイプの情報処理能力があります。
実は勉強において重要なのはこちらのチカラ。
自分のキャパシティで処理できる情報量をさばいたところで、知識の蓄積は増えるかもしれませんが、生産性そのものは向上しません。
筋トレが負荷をかけることで身になるのと同じように、自分の即座の情報処理を超える分量の情報処理に触れ続けることで、その能力自体が向上するのです。
これをするために最も効果的な学習法が、授業内容をノートに取ること。
たいていの場合、授業を受けると、自分の情報処理能力をはるかにこえる分量の知識が情報の洪水のように与えられます。
その中で耳にしただけで吸収できるのはごく僅かなのです。
ちょうど蛇口をいっぱいまでひねった水道からコップで水を汲む感じ。
そういう、とりこぼすだろう情報をとりあえずノートに書き留めて、次の授業までにゆっくりと噛み砕く。
こういう訓練を積むことが、処理能力を向上させる唯一の方法なのです。
「どうせ知っているから」なんて思わず、一旦授業で書かれた内容は、ノートに取るようにしてみましょう。
きっと、すでに要領のいい人だからこそ、数ヶ月で自分の能力が眼に見えて向上していることに気がつくはずです。