ほぼ日刊、SEED君のひとりごと

京都府西京区阪急桂駅前の学習塾、シードゼミのブログです。Facebookで更新しているコラムを転載しております。

阪急桂駅徒歩1分!京都市西京区に根ざして15年。地域密着だからこそできる、ひとりひとりににあわせたきめ細やかな指導が自慢です!

SEEDゼミウェブページもあわせてよろしくお願いします!

番外編!塾の先生が考える、大学入学までにしておくといい事

2017/02/20

大学入試の結果が、少しずつ出てきました。
進路先が決まった生徒さんが、少しずつ挨拶に来てくれます。
挨拶に来てくれた生徒さんからよく聞くのは、「大学に入るまでに何をしておいたらいいですか?」という質問です。
僕自身が学生のときは、合格に舞い上がってしまって、今から何をしておくべきだなんて考えもしなかったので、素直にすごいなあと思います。
さて、こんな僕ではありますが、大学に入るまでにしておいた方がいいと思うことがいくつかあります。
今回は、それらのことを、一人の先輩として書いてみますね。

①タイピングスキル
大学に入学するまでに何をしておくとよいか聞かれた際に初めにいうのがコレ。
パソコンで文字の入力をするスピードを上げておけということです。
大学に入ると、レポートの課題や、プレゼンテーションといった機会が増えてきます。
そして、これらは基本的にパソコンで作成することになります。
今の学生さんはパソコンよりもスマホの方が操作に慣れているなんてことも聞きますが、数千文字クラスの文章や、プレゼンのためのスライド作成となれば、パソコンの使用は必須となります。
特に、文字を打つスピードは、直に作業効率として表れます。
日頃パソコンに触らないという人は、少しでも触れておくのがよいと思います。


②英語
大学に入ると、恐らく多くの人がTOEICという英語の試験を耳にすると思います。
学校によってはこの試験の点数が卒業条件となっているところもあります。
その上就職活動のときにも書くことができる便利な試験です。
僕は、この勉強を大学に入学する前からしておくことを勧めています。
大半の人にとって恐らく、人生の中でここまで徹底的に英語の勉強に時間を割くのは大学受験が最初で最後でしょう。
残念ながら、たいていの人が学生生活をエンジョイしているうちに、勉強を忘れてしまう(笑)
だからこそ、勉強習慣が身についているこのタイミングで勉強をしておくのが有効なのです。
持っていて役に立たないスキルではありません。
むしろ、非常に役に立つ。
折角学習習慣が付いているのなら、その習慣を利用するのがいいですよね。
これが二つ目のことです。


③バイトをする
これは人によっては「えっ?」と思われてしまうかもしれません。
しかし僕は、卒業生の皆さんに、バイト(特に飲食店)をするように強く勧めています。
バイトをして対価を貰うことで、顧客視点が嫌でも身に付くと思うからです。
自分が何をしたいかではなく、何をすれば周囲に喜ばれるかを考えるのは社会に出るときに必須の視点です。
しかし学生のときは、殆ど顧客視点など考える機会はそうありません。
そういった視点を学ぶには、アルバイトが一番効果的です。
また、今は卒業等でバイト先をやめる人が多いので、採用されやすいというメリットもあります。
(4月では他の学生さんも探し始めるので)
受験が終わり、急に時間が余るようになったという人も多いことでしょう。
そんな人は是非アルバイトをしてみてはいかがでしょうか?

以上が僕が思う「大学生になるまでにしておくと良いこと」です。
もし「これは!」と思うものがありましたら、実践してみてください!