ほぼ日刊、SEED君のひとりごと

京都府西京区阪急桂駅前の学習塾、シードゼミのブログです。Facebookで更新しているコラムを転載しております。

阪急桂駅徒歩1分!京都市西京区に根ざして15年。地域密着だからこそできる、ひとりひとりににあわせたきめ細やかな指導が自慢です!

SEEDゼミウェブページもあわせてよろしくお願いします!

背伸びしないで足元をみろ!

2016/12/17

 

本日は土曜日で、朝10時から教室が開いているのですが、受験生の多くが朝から塾に来て頑張ってくれています。
高校生の皆さんはセンター試験まで約一ヶ月いわずもがな勉強に打ち込んでくれています。
また、中学生の皆さんも成績が返されてやるべきことが定まり、一気に受験生の様相を帯びてきました。
さて、受験生としての自覚が出てきて、やる気に満ち溢れてきたのはいいことなのですが、具体的にどうしたらいいのかが分からず、とりあえずがむしゃらに問題を解こうとしている人も多いのではないでしょうか?
そんな皆さんに一つだけアドバイスがあります。
それは「下を見ろ」ということです。
具体的には、新しく何をやろうと考えるのではなく、今までの勉強を振りかえって見て下さい。
次から次へと新しい問題を欲する方がいますが、それまでに解いた問題はしっかりと解くことができますか?
あるいは、今までの授業や演習で学んだ知識はしっかりと定着していますか?
ただ問題を解くことは勉強ではありません。
問題演習を通して、知識や技術を身につけることこそが、本当の目的なのです。
大量に問題を解いていれば、「偶然」いい点数が取れてしまうことがあるかもしれません。
しかし、そんなまぐれの数値に喜んでいても仕方がありません。
あくまで皆さんが目指すのは入試の当日に合格できるだけの実力を備えることです。
そのために最も必要なことは新しい問題をいっぱい解くことではなく、今までの知識を確実に抑えることです。
これまでに授業で扱った問題の解きなおしをしてみてください。
もしくは、これまでに渡した教材の中で、やっていないところがあったらそれを全て埋めるようにして下さい。
これまでにやった問題を解きなおしたり、今までの教材の遣り残しを解くというのは地味で、面倒くさいなと思うかもしれません。
しかし、今までの内容を振り返ってみることは、闇雲に新しい問題を解くことよりもずっと重要な作業です。
勉強に凄い裏技も必殺の抜け道もありません。
地道で愚直な勉強のみが成績を伸ばします。
そして、そのことに案外多くの人たちが気づいていないため、今コツコツと積み重ねておくことで、大きな差別化につながるのです。
新しい問題を解く前に、これまでの知識を完璧に定着させてください。
仮に普段の授業の内容が完璧に定着していたとしたら、それだけで入試に十分通じる力が身につきます。
残されている時間は皆さん一様に決まっています。
「やった気になる勉強」ではなく、「成果に結びつく勉強」を常に意識して取り組んで下さい。