ほぼ日刊、SEED君のひとりごと

京都府西京区阪急桂駅前の学習塾、シードゼミのブログです。Facebookで更新しているコラムを転載しております。

阪急桂駅徒歩1分!京都市西京区に根ざして15年。地域密着だからこそできる、ひとりひとりににあわせたきめ細やかな指導が自慢です!

SEEDゼミウェブページもあわせてよろしくお願いします!

インプットとアウトプットの工夫で、「勉強のプロ」を目指そう!

2016/12/11

f:id:kurumi10021002:20170526220853j:plain

僕はよく受験生に、インプットとアウトプットのバランスに気をつけるようにという指示を出します。
インプットとは、頭に知識を定着させるための勉強で、単語の勉強や社会や理科の知識を定着させる勉強、あるいはどんな文法知識があるかというのを理解する勉強です。
それに対してアウトプットは頭に入れた知識を引き出すための勉強です。
勉強には大きくこの2つの勉強があって、インプット→アウトプット、アウトプット→インプットというサイクルを回転させることで実力が伸びます。
逆に言えば、インプットだけ、アウトプットだけをしていては、思うように実力が伸びないのです。
僕はインプットとアウトプットのバランスについて、下のような図で考えています。
(それぞれのカテゴリの名前は僕が趣味でつけたものです)

まず、インプット・アウトプット共にできている右上の非常にいい状態から。
ここに該当している人を僕は、受験勉強に必須の勉強方法が身についているという意味で「プロ受験生」と名付けています。
ここに該当している場合、学力が伸びるための下地はすでにできているため、後はアウトプットとインプットの回転数を上げるだけで構いません。
次に左上に属する人について。
左上は問題演習を初めとしたアウトプットばかりで、インプットが不十分な人が該当します。
アウトプットをしようにも、問題を解くための知識が備わっていないということで、ここに該当する人を、ガス欠アウトプットと呼んでいます。
「以前似た問題を解いたことがあるのにまた間違えてしまった。」「一つの問題を何度も解きなおすよりも、どんどん問題を解いていきたい。」
こんな性向がある人は、成績が伸びていない場合、ガス欠アウトプットになっているかもしれません。
一方、ガス欠アウトプットとは真逆の部分で伸び悩んでいるのが右下です。
ここに属する人はノートまとめや知識の整理に時間を割きすぎて、問題演習が足りていないというのが特徴です。
知識を覚えること自体が目的となってしまっているという意味で、「ノウハウコレクター」と呼んでいます。
知識は使ってこそ価値のあるものです。
問題を解いていて、そもそも何を書いたらいいかわからない、どう答えていいかわからない。
こんな風に思ったことがある人は、ここに該当している場合があります。
最後のインプット、アウトプット共に足りていないという場合に関しては、改めていうまでもないでしょう。
まだまだ勉強の基礎体力が備わっていません。
まずはどのようなきっかけでもいいので(やる気に関しては近いうちにまとめようと思っています)、勉強をしようという気持ちに自分を持っていってください。

以上アウトプットとインプットという観点からみた勉強の4分類です。
左下から右上へと向かうのが理想。
皆さんはどこに属していますか?