ほぼ日刊、SEED君のひとりごと

京都府西京区阪急桂駅前の学習塾、シードゼミのブログです。Facebookで更新しているコラムを転載しております。

阪急桂駅徒歩1分!京都市西京区に根ざして15年。地域密着だからこそできる、ひとりひとりににあわせたきめ細やかな指導が自慢です!

SEEDゼミウェブページもあわせてよろしくお願いします!

SEED'Sブートキャンプ!?まずは習慣を改善しよう[前編]

2016/11/29

昨日の続きで成績の伸びない習慣について、詳細を書き出してみたいと思います。

①インプットをおろそかにする
インプットという形で意味もなく横文字を使ってしまいましたが、問題演習ばかりで単語を初めとした知識を頭に入れようとしない子がここに該当します。
どれだけ問題を解いても、考えるための道具が頭に入っていなければそもそも成績は上がりません。
地味で面倒に感じるかもしれませんが、必ず反復演習をして知識を定着させることを心がけて下さい。
また、ノートをとろうとしない子もここに該当します。
授業を受けたその瞬間に頭で覚えられる情報量なんてごく僅かです。
しっかりとノートに情報を書き留めて、あとから少しずつ消化するようにしましょう。

②スケジューリングをしない
その日の気分で勉強する、目先の勉強に追われるという人はここに該当します。
勉強はやったその瞬間に、あるいは一日で、できるようになるものではありません。
何日も継続して初めて少しだけ結果に現れるもの。
だからこそ、毎日触れることが不可欠です。
その場の気分ではなくて、しっかりとした勉強計画を立てるようにして下さい。
またその際には「達成目標」を設定することも重要です。

③投資効率と優先順位を考えない
勉強は長い時間をかければいいというものではありません。
一定時間の中でどれだけ集中して取り組めたかが重要になってきます。
だらだら行う2時間なら、集中した30分の方がずっと効果的。
どのくらいの集中度で勉強に取り組んだかを記録するようにしましょう。
また、優先順位も重要です。
たとえば、好きな科目ばかりを行ってしまう、先生に貰った特別な課題はやるけれど、自分の宿題はやりたくないという子も少なくありません。
時間は限られており、そのなかで勉強しなければならない以上、必ず優先順位をつけなければなりません。
自分は今何をすべきなのか?
「感覚」ではなく、「必要性」の観点から考えるようにして下さい。

④コスト積み上げ型の学習をする
コスト意識とは、どれだけの時間を勉強に使うのかという部分です。
勉強時間を設定するにあたって、大きく2通りの考え方に分かれます。
1パターン目は先に勉強をする時間を確定させて、その中で時間を割り振るという組み立て方。
そしてもう1パターンはやらなければならない勉強量を算出して、それをもとに勉強量を決めていくという考え方です。
僕は前者を予算制約型、後者をコスト積み上げ型と呼んでいます。
成績が伸び悩む人の多くが、コスト積み上げ型の勉強をしています。
このやり方だと、やることが膨れ上がって、結局終わらないということが起こってしまうのです。
限られた時間をどう割り振るのかという視点が大切です。

⑤誰でも(ラクに)成功できる唯一の方法があると信じている
これは方法というよりもマインドセットの問題です。
成績を上げるということにしろ何にしろ、「こうしさえすればよい」という唯一の正解があると信じていると、絶対に結果はついてきません。
理由は明白で、そんなものはないからです。
飲むだけですぐに痩せるダイエット薬なんてありませんよね?
①~④を守り、まずはよくない習慣を直す。
それから勉強習慣を身につける。
その上で、様々なテクニックを覚えることで初めて成果に繋がるのです。
地道な勉強を心がけて下さい。

以上が、成績の伸びない習慣です。
これらをやめるだけで、かなり成績が「伸びやすい」状態を生み出すことができます。
まずは該当する部分があったら、一つずつ直してみてください。