ほぼ日刊、SEED君のひとりごと

京都府西京区阪急桂駅前の学習塾、シードゼミのブログです。Facebookで更新しているコラムを転載しております。

阪急桂駅徒歩1分!京都市西京区に根ざして15年。地域密着だからこそできる、ひとりひとりににあわせたきめ細やかな指導が自慢です!

SEEDゼミウェブページもあわせてよろしくお願いします!

成績を伸ばすのに不可欠なコスト意識を身につける

2016/11/12

f:id:kurumi10021002:20170413175851j:plain

本日はコスト意識についてのお話です。
言うまでもなく、僕たちが持っている一日あたりの時間は限られています。
趣味に勉強に睡眠にと、僕たちは24時間を上手く割り振らなければなりません。
そのため、勉強をするに当たっては、どのくらいの時間を勉強に割くことができるのか、その全体イメージを取っておくことが不可欠です。
僕はこれを、「勉強時間のコスト計算」と呼んでいます。
このコストの産出方法には、①積み上げ型と②予算割り振り型の二つの方法があります。
①の積み上げ型とは、目標達成までには各科目に一日あたりどのくらいの勉強両が必要かを積み上げていって、最終的にでた合計値を自分の生活時間の中から確保するという方法です。
それぞれの科目の課題に対して十分な時間を割り当てることができるため、着実なスキルアップが望めます。
反対に積み上げ方の勉強では、やるべきことが多すぎると、一日にこなせる分量を超えてしまう場合があります。
仮に積み上げた勉強時間が8時間だったとして、学校に8時間、睡眠に8時間、そしてもろもろの準備や移動時間が2時間かかるとしたら、物理的にこなすことは不可能です。
積み上げ型のコスト計算が有効なのは、長期休暇や受験までに時間があり、やるべきことにゆとりがある場合です。
大きな効果が期待できる半面、やることが増える直前期にはあまりオススメできない方法といえるでしょう。
受験の追い込み期や、普段の生活が忙しいという人に有効なのが②の予算割り振り型の勉強です。
これは、予め自分の生活スケジュールの中から勉強に当てる時間を確保しておき、その時間を各科目に割り振っていくという方法です。
限られた時間の中で最大限のパフォーマンスを発揮することができます。
忙しい中でもっとも重要なことは、限られた時間の中で抜け・漏れを作らないこと。
そのためにはこの予算割り振り型のコスト意識が重要なのです。
勉強はがむしゃらにやって効果がでるものではありません。
しっかりとした計画の下、適切な努力を投下するからこそ、結果が得られるのです。
結果を出すことの第一歩となるのがこの「コスト意識」です。
積み上げ型でも予算割り振り型でも自分にあったほうで構いませんので、必ずコスト意識は持つようにしましょう。