ほぼ日刊、SEED君のひとりごと

京都府西京区阪急桂駅前の学習塾、シードゼミのブログです。Facebookで更新しているコラムを転載しております。

阪急桂駅徒歩1分!京都市西京区に根ざして15年。地域密着だからこそできる、ひとりひとりににあわせたきめ細やかな指導が自慢です!

SEEDゼミウェブページもあわせてよろしくお願いします!

テストの振り返り!

2016/10/14

f:id:kurumi10021002:20161103202553j:image

今週は高校生の子たちの多くが定期テストでした。
昨日、僕が担当している生徒さんの1人が、「あの文の係り結びのところあったやろ?あれ、『こそ』があるから『已然形』って書かなあかんのに、間違えて『未然形』にしてしまってん!」と残念そうに顔で報告しに来てくれました。
僕はこの言葉を聞いた瞬間に、今回は高得点だなとピンときました。

テストが終わった後、結果がよかったかどうか、おおよその判断をする方法があります。
それは、問題の振り返りが具体的かどうかです。
先に挙げたこのように、自分ができなかった部分を具体的に説明できる場合、大抵そのテストは良くできています。
そもそも知識がしっかりと定着していなければ具体的に説明することはできず、裏を返せば、たとえその問題は間違えてしまっていたとしても、単元自体はしっかりと理解できているということだからです。
反対に、理由はわからないけどできた気がするという感触の子は注意が必要です。
その「手ごたえ」には根拠がなく、もしかしたら全体を通して曖昧な理解でテストに臨んだ可能性があるからです。

もちろん結果が返却される前にあれこれいっても意味がありませんし、それがテスト期間であれば翌日以降のテストに響く可能性さえあります。
なので、テスト期間中に振り返ることなんて、特にする必要はありませんが、もしどうしても気になるという方は、自分がどの程度正確に間違えた部分の説明ができるのかを振り返ってみて下さい。
もし正確に説明できたなら、間違えている思う箇所が多くても心配いりません。
逆に、抽象的な振り返りになってまったという人は、、、残りのテストを頑張りましょう(笑)
何はともあれ、テストが今日で終わりと言う人はお疲れ様でした。
来週以降にテストがある人は、この土日にがんばって下さい!