読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほぼ日刊、SEED君のひとりごと

京都府西京区阪急桂駅前の学習塾、シードゼミのブログです。Facebookで更新しているコラムを転載しております。

阪急桂駅徒歩1分!京都市西京区に根ざして15年。地域密着だからこそできる、ひとりひとりににあわせたきめ細やかな指導が自慢です!

SEEDゼミウェブページもあわせてよろしくお願いします!

誰の目にも頑張っている

勉強方法全般

2016/09/30

ニコニコ動画という動画サイトで、漫画家の山田玲司さんが番組を持っています。
毎週水曜日に放送で、定期的に山田先生の友達の漫画家さんやミュージシャンの方などを招いて毎回2~3時間話をするという番組です。
僕はこの番組が非常に大好きで、毎週欠かさず見ています。
僕がこの番組に惹きつけられる最大の理由は、いわゆる成功したと言われる人たちがどのくらいの努力をしているのかが見えるから。
たとえば、「ママがお化けになっちゃった」の作者である絵本作家ののぶみさんは、絵本作家としていい作品を作るために、全ての新作絵本をチェックするのはもちろんのこと、作成中の絵本は必ず何十人の人に読みきかせを行って、そのときの感想を参考に書き直すのだそう。
或いはミュージシャンの志磨遼平さんは、大の付くほどのロックマニアで、古今東西あらゆるロックミュージシャンの特徴からルーツまでを語れるほどに勉強しています。
番組のメインパーソナリティーの山田先生自身も、30年続けてきたベテラン漫画家にも関わらず、未だに最新作を通すための打ち合わせには、常に3作以上のネーム(実際に世に出る前の漫画の下書き)を用意するといっています。
大抵のテレビ番組などでは、どうしても尺が限られているため、ブラウン管(古い表現ですね…)を通して彼らを見ていると、どこか天才的な才能を持っているからこそ、成功したようにも思えます。
しかし、何時という長尺でこうした人びとの軌跡を聞いていると、「そこまでやれば成功するよ」と納得せざるを得ない努力のあとが見えるのです。
特に大学入試でそうなのですが、この時期になると「頑張っているのに成果がでない」と弱気になる人がいます。
しかし、あえてきついことを言うのなら、弱音を吐いている子達は、「誰の目に見ても成功するだろう」と思われるくらいの努力をしているのでしょうか?
お母さんやお父さんに勉強について口出しされる。
学校や塾の先生に勉強をしろと追いたてられる。
もし「誰も目に見ても成功するだろう」と思われるくらいの努力をしていたら、きっとそんな声はかけられないはずです。
大学入試の一つ目の関所とも言えるセンター試験まで、約100日となりました。
短いようにも思えますが、「圧倒的な努力」をするには、まだまだ十分な時間です。
自分の中での精一杯で満足するのではなく、誰が見てもこいつは頑張っていると思われるような努力をしてみませんか?