読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほぼ日刊、SEED君のひとりごと

京都府西京区阪急桂駅前の学習塾、シードゼミのブログです。Facebookで更新しているコラムを転載しております。

阪急桂駅徒歩1分!京都市西京区に根ざして15年。地域密着だからこそできる、ひとりひとりににあわせたきめ細やかな指導が自慢です!

SEEDゼミウェブページもあわせてよろしくお願いします!

テスト勉強を始めるなら、今このタイミングです!

2016/08/30
勉強に限らずあらゆる物事で成果を上げるには、シンプルな法則があります。
それは単純に周りよりも努力するということ。
この努力は量と質の掛け算で表されますが、勉強の場合どんな工夫をしたところでその能率の違いはたかだか知れているので、圧倒的に勉強に割いた「時間」が重要になってきます。
もちろんこれは「それまでの積み上げ」も関わってきます。
よく、「A君は何も勉強していないのに勉強が出来てずるい」みたいな声を聞きますが、彼らはすでに「それまでの積み上げ」があるのです。
それまでの積み上げが多い人と比べれば、確かに同じ時間努力したとしても恐らく絶対に追いつけません。
しかし、あくまで自分と同じ位の知識量の人と比較する場合であれば、圧倒的に勉強量がそのまま点数差になってあらわれるのです。
だから、人がやらないタイミングでテスト勉強をはじめることが大切。
桂中学校、桂川中学校は、9月の2週目にテストがあります。
すでに2週間ちょっとです。
早くから取り掛かる子でも今週末くらいからでしょう。
だからこそ「今」からやると周りとの差別化になります。
仮にテスト勉強のフェーズを①基本知識の定着、②演習により知識を使いこなす③応用問題を解ける練習を3段階とすると、大抵の子が1週間前から勉強を始めるとして、彼らが知識の定着を始める時点ですでに基礎知識は学び終えていることができます。
この「差」が、点数の「差」となってあらわれます。
よくテスト直前に勉強方法を聞きに来る子がいますが、無駄を省くことはできても、直前に劇的に点数を伸ばすことのできる勉強方法なんてありません。
だって「差」を生み出す方法がないから。
ほんとうに今回のテストで頑張りたいと思っているのなら、まさに今、このタイミングです。
特に1学期に気が緩んでしまったという人がいたら、この事を意識して頑張ってみてください!