ほぼ日刊、SEED君のひとりごと

京都府西京区阪急桂駅前の学習塾、シードゼミのブログです。Facebookで更新しているコラムを転載しております。

阪急桂駅徒歩1分!京都市西京区に根ざして15年。地域密着だからこそできる、ひとりひとりににあわせたきめ細やかな指導が自慢です!

SEEDゼミウェブページもあわせてよろしくお願いします!

話をよく聞く、丁寧に真似る、繰り返す

2016/08/16
「成績を上げる方法を教えて欲しい!」といわれたとき、僕ができるアドバイスはこれ以外にありません。
もちろん、成績を上げたいと言ってきた子が求めているのは、(あると思い込んでいる)もっと劇的に効果が出る方法であることは分かっています。
ダイエットでも勉強でもそうですが、結果が伴うための方法は、実は非常に地味な作業をただひたすら続けることにあります。
本当は愚直に続ければどんな方法でも成果は出るのだけれど、成功した人には凄いテクニックのようなものがあると信じていると、その「本当は成果を上げるのに必要な」地味な作業に向き合うことができないのです。
その目標が何であれ、またそれに対してどんな方法をとったのであれ、先の三つを守って愚直に取り組めば、基本的に成果が出ないなんてことはありません。
逆にいえば、それをしないで「これだけで」「短期でできる」といった耳さわりのいい勉強に心惹かれてそれを追い求めている限りは、本当は効果の出るはずの勉強であっても、絶対に成果に現れる域までは届かないでしょう。
「良薬口に苦し」なんて言葉は使いませんが、本当に効果があることは、どれもとても「地味」なのです。
受験勉強にしろテストのための勉強にしろ、みなさんが成績を伸ばしたいと思う動機には期限がついています。
そして、期限があると途端に僕たちは「効率のよい方法」にすがろうとし始めてしまうのです。
しかし成績を伸ばすには、「効率のよい方法」という幻想から逃れなければなりません。
なんだか矛盾しているようですが、「効率の良い方法」を追い求めないことが、成績を伸ばすための唯一の、そして最短の経路なのです。
受験やテストが迫って「すぐに成績を伸ばしたい」と思っても、そんなことはできません。
目標とする期日に成績を伸ばしておこうと思ったら、時間にゆとりのある今の段階で「地味~な」努力を積み重ねることが不可欠なのです。
「話をよく聞く、丁寧に真似る、繰り返す」は、地味だからこそやった人しか気づかない勉強の王道です。
本気で成績を伸ばしたい、そう思っている人はぜひこうした「地味な努力」を続けてみて下さい。