読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほぼ日刊、SEED君のひとりごと

京都府西京区阪急桂駅前の学習塾、シードゼミのブログです。Facebookで更新しているコラムを転載しております。

阪急桂駅徒歩1分!京都市西京区に根ざして15年。地域密着だからこそできる、ひとりひとりににあわせたきめ細やかな指導が自慢です!

SEEDゼミウェブページもあわせてよろしくお願いします!

“理不尽な事が世の中にあるのは当たり前”

2016/07/06

“理不尽な事が世の中にあるのは当たり前” 、”それを恨んだり諦めているヒマがあったら…”“楽しんで理不尽と戦おう”
先日最終巻が発売になった暗殺教室という作品。
「楽しんで理不尽と戦おう」というセリフは、とてもいい言葉だと思います。
勉強をしているとよく、「〇〇君は頭がよくていいなあ」とか、「勉強をしたくても部活動が忙しくてできひん」という言葉を耳にします。
確かに、人によって得手不得手がありますし、勉強の条件もまるで異なります。
しかし、だからといって、それに文句を言ったって何もはじまりません。
苦手科目があるのなら、その科目を避けて得意科目に特化してもいいですし、苦手な科目に労力のほとんどを割くのも戦略です。
あるいは部活動が忙しいのであれば、他の人が始めるよりもずっと前から勉強を始めることだってできます。
変えることのできない部分を嘆くよりも、それを受け入れて戦略を立てたほうがずっと効果的で、ずっと多くの物が得られます。
ちょうど暗殺教室で殺せんせーのいうところの、「楽しんで理不尽と戦おう」ということだと思うのです。
置かれている条件は人それぞれです。
しかし、戦い方も別に決められているわけではなく、ひとそれぞれに戦略の立て方もゆだねられています。
正面突破で広く勉強するのも一点集中で単元をマスターするのも自分次第。
置かれた状況を踏まえて、自分の勉強方法を考えてみてください!