読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほぼ日刊、SEED君のひとりごと

京都府西京区阪急桂駅前の学習塾、シードゼミのブログです。Facebookで更新しているコラムを転載しております。

阪急桂駅徒歩1分!京都市西京区に根ざして15年。地域密着だからこそできる、ひとりひとりににあわせたきめ細やかな指導が自慢です!

SEEDゼミウェブページもあわせてよろしくお願いします!

「元を取る意識」ありますか?

2016/05/11
f:id:kurumi10021002:20160520090139j:plain
皆さん、自分の「時給」がいくらか考えたことがありますか?
僕は高校生のとき、自分の時給を2000円と決めていました。
僕が定めた時給が2000円ですので、当然バイトをしようだなんて思いません(笑)
だって、自分が定めた金額に全く見合わないから。
自分の時給を定めると、物事に取り組むときの必死度が変わってきます。
たとえば2時間勉強するという場合、本来ならば4000円稼げるだけの時間を勉強という行為に費やしたことになります。
こうなると、是が非でも4000円以上の価値を生み出そうという気持ちになります。
そうしなければ、自分にとって勉強することが「非効率」な行為ということになってしまうからです。
逆に2時間の勉強で5000円、6000円分の価値があるような勉強ができると、得した気分になります。
自分の時給を決めると、何かに時間を使うとき、絶対にその元を取ろうという気持ちが生まれます。
この「絶対に元を取ろう」という気持ちが、勉強を効率化しようというインセンティブになるわけです。
同時に、ボーっとしている時間や、暇つぶしに遊んでいる時間が本当にもったいないと感じるようになります。
自分の時間の価値を定める。
そして時間あたりの元を取ろうとする。
勉強を効率化したいという人にはオススメです!