読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほぼ日刊、SEED君のひとりごと

京都府西京区阪急桂駅前の学習塾、シードゼミのブログです。Facebookで更新しているコラムを転載しております。

阪急桂駅徒歩1分!京都市西京区に根ざして15年。地域密着だからこそできる、ひとりひとりににあわせたきめ細やかな指導が自慢です!

SEEDゼミウェブページもあわせてよろしくお願いします!

GWにITリテラシーを身につけよう④


f:id:kurumi10021002:20160508102252j:plain 
これまで、スマホを使う上で気をつけなければいけないことばかりを書いてきたので、最後は少しポジティブなお話を。。。
せっかくスマホを持っているのなら、ゲームや友達とのおしゃべりだけに使うのではなくて、もっと有効に使いましょうというお話。
皆さんが普段何気なく使っているスマートフォンですが、片手におさまるこのデバイスには最先端のテクノロジーがつまっています。
せっかくそんな素晴らしい機能がたくさん入ったデバイスを子供の時点で使わせてもらっているのなら、いろいろな方向に使わなければもったいない。
最新テクノロジーの素晴らしさを体感して欲しいのです。
例えば、Chameleon360 playerというアプリを使うと、スマホをかざした場所によって、見える映像の変わる、360度映像を見ることができます。
Seeneというアプリを使えば、誰でも簡単に立体映像をスマホで撮影することができます。
こういったVR(仮想現実)やAR(拡張現実)のような最先端の技術を、いつでも無料で楽しむ事だって出来るのです。
使い方私しだいで、理科の自由研究にだってなります。
また、i-Phoneについている音声認識機能を使ったことはあるでしょうか。
早口でも、特殊な外来語でも、かなりの精度で認識できるところまで技術が進歩しています。
また、自動翻訳の機能もこの数年でかなりの精度まで向上しました。
指先一つで、こうした世界の技術進歩を体感することだってできるのです。

こういったテクノロジーを味わうだけではありません。
勉強しているなかでちょっとでも分からないことがあれば、Googleで検索すれば、すぐに膨大な資料にアクセスできます。
文字では分かりにくいことであっても、画像や動画であったら直感的にイメージがしやすいなんてことも少なくありません。
とくに物理なんかでは視覚的な勉強が理解を深めるということがよくあります。
知恵袋でなんでも聴くのではなく、気になったことを調べてみて、出てきた検索結果を一つずつ見ていく。
一つのページを見てそれを鵜呑みにするのは危険ですが、いくつものページを見比べることで、何が正しくて、何が間違えているかを自分で判断する力が身につきます。
何より、自分なりの答えが見つかったときには、その内容について、皆さんの理解度は教科書ではカバーできないほどになっていることでしょう。
自分で考えもせずすぐに答えを探すのはよくないですが、気になったことを自分で調べるという姿勢はとても大切です。

中学生のうちは、スマホを持っていないという人も多いでしょう。
実際中学生のうちからスマホを持ったところで、それほど使う機会はありません(笑)
そんな中でもし、スマホを持たせてもらっているという方がいれば、それはとてもラッキーなこと。
ゲームやLINEで消耗するのではなく、もっといろいろな機能を使い倒してみてください。
GWとうことで、ITリテラシーに関してまとめてみました。