読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほぼ日刊、SEED君のひとりごと

京都府西京区阪急桂駅前の学習塾、シードゼミのブログです。Facebookで更新しているコラムを転載しております。

阪急桂駅徒歩1分!京都市西京区に根ざして15年。地域密着だからこそできる、ひとりひとりににあわせたきめ細やかな指導が自慢です!

SEEDゼミウェブページもあわせてよろしくお願いします!

まずは一つ目の坂を乗り越えて!

2016/04/21
f:id:kurumi10021002:20160427060809j:plain
もちろん勉強は精神論や根性でやるものではありませんが、一方で勉強には絶対的に「量」が重要であるというのが僕の持論です。
効率や戦略といったテクニックは、受験勉強が軌道に乗り出した段階で有効な戦略であって、初めの段階ではまずは軌道に乗せることが第一目標。
「まずやる」
これに尽きると思います。
勉強をすることは坂道を登るボールのようなイメージです。
一定の坂を上りきって平地に到達するとそのボールは下へと落ちては来ないけれど、坂道の途中で勢いが無くなれば、もとの場所まで転がり落ちてしまいます。
よく勉強しているのに成績が出ないという相談を受けるのですが、大体がこのパターン。
成績が伸びないのは①現状が平地の部分を走っている段階であるか②勢いが足りず坂道の途中を上りきれなかったかのいずれかです。
いずれにせよ原因は「初速度」が足りないことといえるでしょう。
最初の坂を上りきるのに重要なことは、「量」の一点です。
幻冬舎見城徹さんはどうしたらうまくいくかという相談によく、「圧倒的な努力をしろ」と答えています。
これはまさに最初の坂を上り切ることを教えたいのだと思います。
この肌感覚だけは、やってみるしか知る術がありません。
とにかくやる、それだけです!