読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほぼ日刊、SEED君のひとりごと

京都府西京区阪急桂駅前の学習塾、シードゼミのブログです。Facebookで更新しているコラムを転載しております。

阪急桂駅徒歩1分!京都市西京区に根ざして15年。地域密着だからこそできる、ひとりひとりににあわせたきめ細やかな指導が自慢です!

SEEDゼミウェブページもあわせてよろしくお願いします!

フローの勉強とストックの勉強

2016/04/19
f:id:kurumi10021002:20160426091204j:plain
みなさんは、勉強の種類について考えたことはあるでしょうか?
勉強の目的が違えば、当然勉強の方法も異なってきます。
成果を出すためには、自分は何のために勉強をしているのかを意識することと、そのためにはどのような勉強が必要であるのかを考えることが大切です。
最も分かりやすい勉強の分類方法として、フローの勉強とストックの勉強を紹介します。
フローの勉強とは直近に迫ったテストに向けて短期間で知識を詰め込むタイプの勉強法です。
試験日が迫り、また範囲が決まっている場合に効果的な勉強法です。
即効性が高く、週末の小テストや定期テストには向いている反面、入試などの長期スパンでの学習には全く向いていません。
入試のような範囲が広大で、かつ勝負の期間が長い場合に有効な勉強法方がストックの勉強です。
こちらの勉強は、単に知識を覚えるのでなく、その背景にある原理や考え方を学ぶという勉強になります。
これらの勉強は直接的に点数に関わってきません。
そのため、フロー型の勉強しかしたことがないと、意味が無いように映るかもしれません。
しかし、ストック型の勉強を積むと、さまざまなところで知識が繋がり、後半に行くに従い、成績の伸び率が上がります。
ストックの勉強が実を結ぶには、最低で半年程度かかります。
しかし、きちんとストックの勉強を積むと、最終的にはフロー型の勉強をしている人の効率を上回ることができます。
勉強が得意な人が無意識にやっているストック型の勉強法。
みなさんもぜひ意識してみてください。