ほぼ日刊、SEED君のひとりごと

京都府西京区阪急桂駅前の学習塾、シードゼミのブログです。Facebookで更新しているコラムを転載しております。

阪急桂駅徒歩1分!京都市西京区に根ざして15年。地域密着だからこそできる、ひとりひとりににあわせたきめ細やかな指導が自慢です!

SEEDゼミウェブページもあわせてよろしくお願いします!

最大出力と、持続可能な勉強量

2016/04/07
f:id:kurumi10021002:20160416102803j:plain
受験勉強をはじめる受験生の子達に、僕は「がんばるな」とアドバイスをします。
こういうと、ひねくれ者に思われてしまうかもしれませんが、僕なりの意図があります。
人間の物事への取り組み方には瞬間最大風速的な取り組み方と、持続可能な取り組み方があって、長期の戦いになる受験勉強に於いては、後者の勉強方法が不可欠になってきます。
勉強しなさいと言われた翌日に、やる気になって朝から晩まで頑張って勉強をしたのだけれど、そこで燃え尽きて翌日以降は元通り、ではダメなのです。
どんな人であっても、短期的に勉強に打ち込める限界量と、ずっと続けられる量は異なります。
普段のテスト勉強しかしたことがない人は、限界量は分かっていても、持続可能な量が分からないなんてことになりがち。
この状態では、どうやったって勉強習慣は身につきません。
受験勉強のような、長期的な勉強に取り組む場合は、まず自分の持続可能な勉強量を把握し、そこから少しずつその量を増やしていくようにすることが大切です。
学年の変わり目は生活習慣を変える絶好のタイミングです。
これから受験勉強をはじめるという人、またそれ以外でも勉強主観をつけようと思っている人は、この機会に自分の持続可能な勉強量を把握しておきましょう!