読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほぼ日刊、SEED君のひとりごと

京都府西京区阪急桂駅前の学習塾、シードゼミのブログです。Facebookで更新しているコラムを転載しております。

阪急桂駅徒歩1分!京都市西京区に根ざして15年。地域密着だからこそできる、ひとりひとりににあわせたきめ細やかな指導が自慢です!

SEEDゼミウェブページもあわせてよろしくお願いします!

28年度京都府公立入試(中期)講評(理科)

ウェブページ用に書いた28年度京都府公立入試(中期選抜)の解答速報からの引用です。

概要
 大問8問構成で,生物・地学・物理・化学の4分野からまんべんなく出題.計算問題は増えましたが、難易度は昨年と同じくらいだと思います。ほんの少しづつ解説していきましょう!

設問別概要[第1問] 植物のつくり
 顕微鏡の使いかたについて、道管の位置をしっかり把握しておけば問題ないはずです。(3)は「花粉管の中に…」と書かれていることからすぐに「精細胞」とわかりますね。減数分裂を経て14本の染色体となるわけですから元は7本となります。

設問別概要[第2問] 天気
 (1)は17℃の飽和水蒸気量14.5g/m3の40%なので14.5×0.4=5.8gとなります。(2)は外気温6℃での飽和水蒸気量は7.3 g/m3なので(1)で求めた含まれる水蒸気の量が5.8gより後7.3-5.8=1.5gで飽和することが分かります。これは1 m3中でのお話しなので、実験室の容積380m3を考えれば1.5×380=570gとなります。これは少し難しかったのではないでしょうか。

設問別概要[第3問]食物連鎖
 (1)「生物Aは無機物から有機物を作り出す生物」と書かれていますので、自然界ではこれを「生産者」と呼びます。又生物Bについては植物を餌としているので草食動物とわかります。草食動物は敵から身を守るため目は広い視野を見ることができるよう顔の横についています。又、草をすりつぶすため、臼歯が発達しているのも特徴の一つですね。

設問別概要[第4問]天体
 星の移動は「東から西」。これは地球が反時計回りに公転しているためですね。(2)等級は明るくなるほど値は小さくなっていきます。肉眼で見ることができるギリギリの等級が「6等級」と言われていますが、都会のど真ん中では3等級くらいしか見えません。これは確か私立の過去問演習にて授業をしたはずです。(3)においては「北の空」より反時計回りに星は進んでいきます。地球の公転「一カ月で30度」、および地球の自転「1時間で15度」を考えればすぐにわかるはずです。

設問別概要[第5問] 蒸留
 エタノールの沸点は78℃、水は100℃。蒸留は沸点の違いによる実験です。初めにエタノールが沸騰しますので試験管Aには最も多くエタノールが含まれています。またこれにポリエチレンシートを浮かべると「沈んだ」となっていることから密度はエタノール<ポリエチレンシート、また試験管Cは水が多く含まれ、ポリエチレンシートは「浮いた」となっているためポリエチレンシート<水となります。よって「エタノール<ポリエチレンシート<水」

設問別概要[第6問]酸化
 銅の酸化の実験ですが、銅と酸素の結びつく割合は4:1でしたよね。(3)について「すべて酸化されたときに」と書かれていますのでこれは割合を考えて(ウ)の比例のグラフとなります。また、2.40gの銅の1回目の加熱後を見ると2.79gとなっています。増加した分は酸素の量なので2.79-2.40=0.39gとなります。この酸素の量でできる酸化銅は5:1=x:0.39よりx=1.95gとなります。

設問別概要[第7問]光
 作図の問題がここで出題。きちんと反射の法則「入射角=反射角」は書けたでしょうか?またPQRはすべて光の道筋上にあることに気づけば問題なく(2)はできなのではないでしょうか.

設問別概要[第8問]運動
 「1秒間に60打点」を読み取って打点の1間隔が1/60秒であることに気が付けば、PQ間は距離4cm、時間2/60秒となり4÷2/60=120cm/sとなるはずです。また、磁石を動かしてコイルの磁界を変える運動と磁界の融合問題は五木模試の過去問で演習したはず。できてほしいところです。