ほぼ日刊、SEED君のひとりごと

京都府西京区阪急桂駅前の学習塾、シードゼミのブログです。Facebookで更新しているコラムを転載しております。

阪急桂駅徒歩1分!京都市西京区に根ざして15年。地域密着だからこそできる、ひとりひとりににあわせたきめ細やかな指導が自慢です!

SEEDゼミウェブページもあわせてよろしくお願いします!

一年間、お疲れ様でした。

2016/03/07

アサガオは芽を出すまでが1番気掛かり。
小学校の実習で朝顔を育てたとき、誰もが実感したことのように思います。
多くの子供たちにとって、高校入試は始めて自分自身で未来と向き合う場。
ちょうど新芽が地上に顔を出す瞬間に似ています。
この1年間、三年生の皆さんと多くの時間をともにして、想定外の問題にヒヤヒヤされられるときも、その成長に驚かされるときもありました。
正直、入試を前にして地上に顔を出してくれた皆さんの「新芽」は、凛として萌え出てくれたものもあれば、頼りなく風にさらされるものもありました。
しかし1人の例外もなく、しっかりと新芽を見せてくれました。
これは自信を持って言い切れます。
皆さんが挑むのものが試験である以上、そこには否応無く合否という判定がつきまといます。
しかし、この一年間で成長したという「事実」は、合否に関わらず皆さんの財産となるはずです。
高校生になると、学習スピードが上がり、かつ学ぶ内容のレベルも高くなります。
今まで以上に悩むことがあるかもしれません。
そんな時は気軽にSEEDゼミに顔を出して下さい。
成長する速さに追いつけそうになるときは、いつでも僕たちが添え木になります。
やる気が落ちた時は、いつでも僕たちが支えます。
授業云々ではなく、悩んだときはいつでも声をかけて下さい。
巣立っていく皆さんの将来を含めて、僕たちは応援しています。
最後に、1年間本当にお疲れ様でした。
本当は最初に言うべきことなのですが、伝えたい想いが強すぎて、ついつい後になってしまい申し訳ありません。
これから巣立っていく皆さんが、素晴らしい花を咲かせますように。
微量ながら、こらからもずっと応援し続けています。