読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほぼ日刊、SEED君のひとりごと

京都府西京区阪急桂駅前の学習塾、シードゼミのブログです。Facebookで更新しているコラムを転載しております。

阪急桂駅徒歩1分!京都市西京区に根ざして15年。地域密着だからこそできる、ひとりひとりににあわせたきめ細やかな指導が自慢です!

SEEDゼミウェブページもあわせてよろしくお願いします!

反省せずに、振り返ろう!

2016/03/02

中学校1,2年生の子達のテストが、続々と返却されています。
科目によってはテス範囲に今までの内容が全部詰まっていて、大変だった思います。
なにはともあれ、お疲れ様でした。
昨日の授業のとき、何人かの子が、開口一番に「アカンかった」と言ってテスト結果を見せてくれました。
僕はそういう子達に「反省じゃなく、振り返りをしよう」と言うようにしています。
反省も振り返りも同じなのでは?と思われるかもしれませんが、両者は大きく違います。
反省は結果に対して感想を言うことで、振り返りは結果に対してその原因を探る行為です。
点数が悪かったという「反省」では、落ち込んだ気持ちをラクにするだけで、具体的な改善策にはつながりません。
出てしまった結果は結果。
その結果に対して嘆いても、何も変わりません。
大切なことは、結果を受けて原因を突き止めることです。
これが次の結果に影響を及ぼすのです。
なぜ結果になってしまったか原因を聞くと、どの子もはっきりと答えてくれました。
テストが返却された直後は、原因が見えやすいのです。
結果を導き出した「原因」が分かったら、それを必ずどこかに書き留めてください。
今は自分の課題を明確に捉えることができていますが、数週間すれば、それもだんだんと記憶のかなたにかすんでしまいます。
そうならないために、しっかりと形に残しておくことが大切です。
テストの「反省」は、返却直後の数分で自分の中で行えば十分です。
逆に、振り返りにたっぷりと時間を取ってください。
反省ではなく振り返りをしよう!
これがテストの点数を上げていく上で、大切な心構えなのです。