ほぼ日刊、SEED君のひとりごと

京都府西京区阪急桂駅前の学習塾、シードゼミのブログです。Facebookで更新しているコラムを転載しております。

阪急桂駅徒歩1分!京都市西京区に根ざして15年。地域密着だからこそできる、ひとりひとりににあわせたきめ細やかな指導が自慢です!

SEEDゼミウェブページもあわせてよろしくお願いします!

下書き、してますか。

2016/01/27

最近、作文の質問を多く受けます。
入試の志願理由書であったり、学校課題であったりとパターンはさまざまですが、総じてみんな文章を書くことに対する苦手意識が強いように感じます。
作文のコツは、下書きをしっかりとすることです。
みなさん、文章を書く前に下書きをしていますか?
大工さんが家を建てるとき、いきなり家を建て始めたりしませんよね?
漫画家さんは、Gペンを握る前に、ネームという下書きを作ります。
一見ひらめきが大事に見える芸術の分野でも、実は緻密な下書きがなされています。
あのレオナルド・ダ・ヴィンチは、最後の晩餐を描く際、透視遠近法に基づいて緻密な「設計図」を描いたそうです。
作文でも細かな下書きが大きな力になります。
冒頭になにを持ってこよう?どこで具体例を入れよう?
そうした構成を下書きの段階で考え抜くことで、文を書き始めた段階で手が止まったり、途中で文章の内容がちぐはぐになったりするのを、防ぐことができます。
一見遠回りに見えるかもしれませんが、下書きをすることで余計な回り道を防ぐことができて、結局は完成への近道となります。
作文を書く際には、必ず下書きをするようにして下さい!