ほぼ日刊、SEED君のひとりごと

京都府西京区阪急桂駅前の学習塾、シードゼミのブログです。Facebookで更新しているコラムを転載しております。

阪急桂駅徒歩1分!京都市西京区に根ざして15年。地域密着だからこそできる、ひとりひとりににあわせたきめ細やかな指導が自慢です!

SEEDゼミウェブページもあわせてよろしくお願いします!

社会は原理と必要性から覚えよう

1月13日

社会の授業をしていると、「覚えられへん!」という子を見かけます。
そういう子には、僕は決まって「なぜ?を考えよう」とアドバイスします。
歴史でも地理でも公民でも、それが現象である以上、必ず点として存在するのではなく、一つの線として繋がっています。
なぜ「くに」ができ、豪族が生まれ、それらを束ねる物が生まれたのか。
どうして武士が生まれ、やがて貴族から権力が移っていったのか。
そういうひとつひとつはきれいな一本線で繋がっています。
社会の知識は、この「線」が読めるようになると、途端に理解が早くなります。

では、どうしたらその「線」理解できるのか。
流れを理解するには、その原理と必要性を突き詰めることが大切です。
そもそも「国」はどのように動いているのか、どういった必要性から生まれたものなのか。
原理と必要性、この2点を意識することで、社会は全く違って見えてくるのです。
覚えなければいけないことが多くて社会が嫌いという人は、ぜひこの点を意識してみて下さい。
きっと、見方が大きく変わることと思います。