読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほぼ日刊、SEED君のひとりごと

京都府西京区阪急桂駅前の学習塾、シードゼミのブログです。Facebookで更新しているコラムを転載しております。

阪急桂駅徒歩1分!京都市西京区に根ざして15年。地域密着だからこそできる、ひとりひとりににあわせたきめ細やかな指導が自慢です!

SEEDゼミウェブページもあわせてよろしくお願いします!

2015/12/19 網の目を細かくしよう!

勉強はちょうど、玉石混交の海に向かって網を投げ入れる漁師と似ています。
一回一回網を引き、その度ごとに様々な海の幸が得られます。
取れ高を増やすには、漁の回数を増やせばいいのです。
これは勉強でいうところの「量」のお話。

同じ漁場で同じように漁をしているのに、取れ高が全く異なる場合があります。
その理由は網の目の細かさです。
目の細かな網を持っていれば、当然一回の漁から得られる成果は多くなります。
反対に目の荒い網では、何度海に投げ込んでも、魚はスルリと逃げてしまいます。
こちらは勉強の「質」のお話。

学校の授業が止まっているのを利用して、この時期は授業で復習を行うことが増えてきます。
その時に強く感じるのがこの「網の目」についてです。
たとえどんなに繰り返し網を投げ入れても、網の目があまりに大きければ、少しの収穫も得られません。
問題を早く解くことに躍起になって、知識の理解という本来の目的を見失ってしまう人はいませんか?
一問から得られる「学び」は、その人の注意力に比例します。
ひとつの知識も逃がさない、そんな注意力を身につけられるよう、普段から心がけて見てください!