読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほぼ日刊、SEED君のひとりごと

京都府西京区阪急桂駅前の学習塾、シードゼミのブログです。Facebookで更新しているコラムを転載しております。

阪急桂駅徒歩1分!京都市西京区に根ざして15年。地域密着だからこそできる、ひとりひとりににあわせたきめ細やかな指導が自慢です!

SEEDゼミウェブページもあわせてよろしくお願いします!

2015/12/14 イチからはじめる勉強に勝る学びはありません!

僕は大学を卒業してどうしても英語が必要になったから、本当に中学校1年の教科書の1ページ目から3年生までの内容を、全部学び直したよ。」
大学受験のために東京に前乗りしたとき、ひょんなことから知り合った一人のお医者さんが言ってくれた言葉です。
この言葉が、未だに僕の中に強く残っています。
どう見てもエリートに違いない目の前の一人の大人が、勉強の話しになった途端、テクニックでも能力でもなく、愚直な方法を語ったことに驚いたとともに、恐らくは本当に実践した人だからこそ持ち得る言葉の重みに圧倒されました。
名前も知らないあの人の言葉を聞いて以来ずっと、「1から全部学び直す」ことに勝る勉強法方はないと考えています。
よく、前の学年の勉強をし直そうという人で、特定の単元だけピックアップして復習する人がいます。
もちろんその姿勢の時点で素晴らしいのですが、やはり特定の単元だけでは、実感することのできる成果は限定的です。
もちろん、今までコツコツと積み重ねてきて、特定の単元だけが苦手だと明確に分かっているならばその単元のみを復習すればいいのですが、それで無ければ、イチから学び直すに尽きます。
たとえば、1年生から学び直すのであれば、それこそアルファベットの順番や冒頭のよく使う英語の挨拶表現からです。
「そんなの分かっている」と思うところからはじめることが大切です。
勉強は自分でも気づかぬうちに分からなくなっています。
それを克服するには、初めから追っていくことが大切です。
地味で退屈で、一見するとものすごく遠回りに見えますが、結局はそれが最短経路なのです。
終盤のジェンガのようなかろうじて積みあがった知識ではなく、どっしりと構えるお城のような安定した知識を身に付けるためにも、復習しなければと思っている人は、是非「1から全部学び直す」ことを実践してください。
基礎に勝る勉強はありません!!