読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほぼ日刊、SEED君のひとりごと

京都府西京区阪急桂駅前の学習塾、シードゼミのブログです。Facebookで更新しているコラムを転載しております。

阪急桂駅徒歩1分!京都市西京区に根ざして15年。地域密着だからこそできる、ひとりひとりににあわせたきめ細やかな指導が自慢です!

SEEDゼミウェブページもあわせてよろしくお願いします!

2015/12/01 勉強の「家計簿」を付けてみませんか?

全体の収入から、税金や家賃などの支払わなければいけない費用を差し引いたものを「可処分所得」と言います。
可処分所得のうち、どれくらいを消費に使い、どれくらいを貯蓄に回すのか。
このバランスを記録するために、家計簿が存在します。
勉強においても、同じような考え方をすることが可能です。
所得が必ず支払わねばならないものと自由に使えるものに分けられるのと同様に、時間にも、自由に使えるものと、使い道が決まってしまっているものがあります。
所得になぞらえて、自由に使える時間は「可処分時間」とでも呼びましょう。
勉強計画を立てるとき、「〇時間勉強する!」ではなく、「可処分時間のうち、〇時間を勉強に回す」という考え方をすることが重要です。
まずは24時間のうち、睡眠と学校の時間、それから食事といった必ず必要な時間をひいて下さい。
そして残った時間を、日頃自分がどのように使っているのかを記録してみましょう。
その記録した可処分時間のうち、どれだけを勉強に回すのか?
予め何に使っていた時間をどれだけ勉強に回すかという風に考えることで、確実に勉強時間を確保できるようになります。
そのためにも、まずは可処分時間の使い方を記録してみて下さい。
自分だけの勉強の家計簿を作ってみましょう!