ほぼ日刊、SEED君のひとりごと

京都府西京区阪急桂駅前の学習塾、シードゼミのブログです。Facebookで更新しているコラムを転載しております。

阪急桂駅徒歩1分!京都市西京区に根ざして15年。地域密着だからこそできる、ひとりひとりににあわせたきめ細やかな指導が自慢です!

SEEDゼミウェブページもあわせてよろしくお願いします!

2015/11/08 思考のギアを切り替えよう!

ローギアだと、スピードが遅い代わりに大きな力が出て、ギアを上げるほどに力が弱くなる代わりにスピードが上がる車のように、思考にも「ギア」が存在します。
思考のトップギアとは目の前に出された課題に対してより早く、より多く答えるスキルです。
いわゆる「頭の回転が速い人」はここに属します。
一方で、思考にも低速ギアがあります。
これは一つの物事に対してゆっくりと深く、いろんな角度から可能性を探る頭の使い方。
「頭がいい」というと、僕らはついつい前者のことを考えがちです。
しかし高速の思考は、速い反面思考の深さに欠け、ありきたりな、刹那的な思考しかできません。

頭の回転が速い子から「応用問題が解けない」という相談をよく受けます。
その理由が、回転が速いが故の思考の軽さにあるのです。
応用問題は深く、いろんな考えを巡らせなければ解けません。
もし心当たりがある人は、頭をゆっくりと働かせることを意識して見てください。
まずは問題を読みながら時始めたくなったとしても、最後まで問題に目を通す。
それだけで、だいぶギア切り替えの訓練になります。