読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほぼ日刊、SEED君のひとりごと

京都府西京区阪急桂駅前の学習塾、シードゼミのブログです。Facebookで更新しているコラムを転載しております。

阪急桂駅徒歩1分!京都市西京区に根ざして15年。地域密着だからこそできる、ひとりひとりににあわせたきめ細やかな指導が自慢です!

SEEDゼミウェブページもあわせてよろしくお願いします!

2015/11/02 百聞、一見に如かず。百見、一行に及ばず。

私が大学生だったころに知り合った企業の経営者の方が繰り返し言っていて、今でも印象に残ってる言葉です。
たとえば理科の授業で「植物は効率的に光合成を行うため、葉が重なりあわないように成長する」と習います。
もちろんこれで、知識としては「知った」ことになります。
しかし、実際に植物を上から眺めてみて、確かに葉っぱが被さらないようになっていることを見たときの「知った」には遠く及びません。
「百聞、一見に如かず。」です。
同じように、僕たちは関数や数学の文章問題を先生が解く姿を見て「知って」います。
しかし、実際に解いて、悩んで、試行錯誤したときに気づく「知った」には遠く及びません。
聞くことよりも見ることは、見ることよりも行動することは、それほど大切なのです。
聞いて満足せずに、自分の目で確かめてください!
見て満足せずに、自分で手を動かして納得してください!
まったくの受け売りですが、当時口をすっぱくして言われたこの言葉を、皆さんにもお伝えしたいと思います。