ほぼ日刊、SEED君のひとりごと

京都府西京区阪急桂駅前の学習塾、シードゼミのブログです。Facebookで更新しているコラムを転載しております。

阪急桂駅徒歩1分!京都市西京区に根ざして15年。地域密着だからこそできる、ひとりひとりににあわせたきめ細やかな指導が自慢です!

SEEDゼミウェブページもあわせてよろしくお願いします!

2015/10/03 神頼みでなく、実力を信じよう!

本日の夜、漢字検定の勉強をしにきていた子が「”ふみつき”って何?」と質問してくれました。
文月とは、昔の月の呼び名で7月のこと。
由来は諸説ありますが、僕は七夕の短冊に願いを書くことが転じて「文の月」と呼ぶようになったというのを気に入っています。
10月の異名は神無月と言います。
様々な神様が、出雲大社の集まるために、日本中の神社で神様が不在になるという言い伝えから、こう呼ばれます。
したがって出雲大社の辺りでは、10月を神有月と呼ぶそうです。
因みに出雲に集まった神様たちは、みんなで輪になって縁結びの相談をするのだとか。
伏見稲荷の神様と、伊勢神宮の神様が、膝を突き合わせて縁談を持ち寄る姿を想像すると面白いですね。
さて、10月は神様が出払っているため、神頼みは通じません。
模試や、検定試験、大学入試など、大勝負を控えた生徒さんも多いと思いますが、ここはひとつ、自分の実力を信じて試験に挑んでみて下さい。
神頼みよりもずっと具体的なアドバイスで、僕達が支えます!