読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほぼ日刊、SEED君のひとりごと

京都府西京区阪急桂駅前の学習塾、シードゼミのブログです。Facebookで更新しているコラムを転載しております。

阪急桂駅徒歩1分!京都市西京区に根ざして15年。地域密着だからこそできる、ひとりひとりににあわせたきめ細やかな指導が自慢です!

SEEDゼミウェブページもあわせてよろしくお願いします!

2015/10/02 基礎に勝る勉強はありません!

中学3年生の英語の授業では現在、分詞を扱っています。
この単元は、3年生の単元の中でも、特に得手不得手が分かれる単元です。
その最大の原因は文型の知識にあります。
文型をしっかり理解できている子は迷わず解けるのですが、反対にこの単元は分かっていても、文型が苦手で手が止まってしまう子が多くいます。
本日の授業でも、文型が苦手な生徒さん用に、文構造を明らかにしたプリントを用意しました。
ここまで書き込んでしまっては、考える力が身につかないのでは?と思われるかも知れませんが、文型はこれくらい細かに、そしてしつこく行わなければなりません。
それくらい、英文法の根底で必要な力なのです。
赤で書き込んだ記号は、自転車でいうところの補助輪です。
初めは補助輪付きでもいいので、しっかりと型を修めることが大切です。
慣れてきたら少しずつ、何も書かれていない問題に挑戦する。
そうやって少しずつ、でも確かな学力をつけていくことが大切です。