読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほぼ日刊、SEED君のひとりごと

京都府西京区阪急桂駅前の学習塾、シードゼミのブログです。Facebookで更新しているコラムを転載しております。

阪急桂駅徒歩1分!京都市西京区に根ざして15年。地域密着だからこそできる、ひとりひとりににあわせたきめ細やかな指導が自慢です!

SEEDゼミウェブページもあわせてよろしくお願いします!

問題を解く手順を分解する

2017/01/28 3年生の入試対策が佳境を迎えています。入試問題演習に入り、多くの生徒さんがアウトプット中心の勉強になってきましたので、今日はアウトプットの仕組みについてまとめてみようと思います。僕は「問題を解く」という行為をいくつかのステップに…

言葉の意味は文脈で決まる

2017/01/26 「嫌われる勇気」や「さおだけ屋はなぜ潰れないのか」などのベストセラーを世に出した編集者の柿内芳文さんがTwitterで面白い発言をしていました。=================文脈を作ることが編集だという話をするときによく例に出すの…

プロの練習は「量」じゃない!

2017/01/25===================ミスタータイガースって呼ばれた掛布さんおるやろ?あの人は一日500回素振りをしたから成功したって言われているけど、そうじゃないねん。プロ野球の選手なら誰でもそんくらいの努力はしてる。彼の凄いのは…

面接はライブクッキング

2017/01/20例えば皆さんが一流レストランのオーナーシェフであるということを想像して下さい。馴染みのお客さんがたくさんいて、メニューは特に決めてありません。毎日お客さんの要望にこたえて料理を作っています。開店は18時。それまでに様々な仕込みを…

悩みのるつぼに陥らないで!!

2017/01/15 高校3年生の皆さん、昨日・今日と2日間にわたりセンター試験お疲れ様でした。結果はいかがだったでしょうか?もちろん今日はゆっくりと休んでくれて構いません。ここからは明日以降のお話を書きますね。 センター試験の結果に関して、今まで練習…

理科の内容で「反射」という反応があります。

2017/01/14 (3年生の皆さん、しっかりと説明できますか?)反射とは、ある刺激に対して脳を介さずにせきずいから命令を出す反応のこと。熱いものを触ったときに思わず手を話してしまったり、急に外に出て光を浴びて、思わず目を閉じてしまったりといったも…

自分の時間に「時給」をつけよう!

2017/01/11 経済学に「機会費用」という考え方があります。ある行動をする際それにかかる費用だけでなく、本来それをやらなければ手に入ったものの価値も計算に入れるという考え方です。例えば、時給1000円でレジ打ちのバイトをしているAさんが、バイトをオ…

やる気を感じる部分は人によって違う

2017/01/10 「やる気」ってそもそも何だろう?]冬期講習でいったん更新をやめてしまっていたので、そろそろ再開したいと思います。勉強に関してよく「やる気」という言葉が使われます。「やる気」を出すことが大切ということは誰もが分かっていることですが…

問題集の定着率をチェックする

2016/12/20 いよいよ冬休み、特に高校生はセンター試験まであと一ヶ月を切って、冬休みの勉強計画を立てている人を多く見かけます。先日、ある生徒さんから、「最後の仕上げにもう一冊仕上げたいのだけれど、オススメの問題集を教えて欲しい」という相談を受…

勉強の正体を、帰納法と演繹法で暴き出す

2016/12/19 皆さんは聞きなれない言葉かもしれませんが、考え方には「帰納法的な考え方」と「演繹法的な考え方」の2種類の考え方があります。帰納法とはたくさんの例から共通する部分を見つけて、それを使って別のことを推測する方法です。それに対して演繹…

背伸びしないで足元をみろ!

2016/12/17 本日は土曜日で、朝10時から教室が開いているのですが、受験生の多くが朝から塾に来て頑張ってくれています。高校生の皆さんはセンター試験まで約一ヶ月いわずもがな勉強に打ち込んでくれています。また、中学生の皆さんも成績が返されてやるべき…

「体力を削って努力する」が無意味であることを、数式を使って証明する

2016/12/16 1月14・15日にセンター試験を控えて、いよいよ受験勉強が大詰めに入ってきました。自習をしている高校生の生徒さんをみていると、その緊張感が伝わってきます。最後にもう一踏ん張りということでやる気に満ちている生徒さんがいる一方で、やるこ…

勉強の良し悪しは生産性で決まる!

2016/12/15 「ウチは頭悪いから・・・」成績がなかなか伸びないというときに、こんな風に悩んでいた生徒さんがいました。そもそも「頭がいい/悪い」という表現が適切かどうかも疑問ですが、少なくとも受験勉強においては、「頭のいい/悪い」というのは殆ど関…

文章の8割が書く前に決まる!?受験生必読、ゼロから始める作文講座

2016/12/14 最近入試に向けた小論文・感想文の添削指導が増えてきました。僕は作文系統の添削指導には、4つの段階があって、それぞれを一歩ずつ進んで行くことが大切であると考えています。それが、下に示した4つのステップです。①アイデア出し②文章の構成…

ケアレスミスを生み出す筆記速度と思考速度の話

2016/12/12 「ケアレスミスに気をつけろ」問題を解くたびに、毎回こうした注意をされる生徒さんを見かけます。その場ではしっかりと反省しても、また次の日には同じような間違いをして、同じところで注意される(笑)ケアレスミスに関しては、本人がいくら「…

インプットとアウトプットの工夫で、「勉強のプロ」を目指そう!

2016/12/11 僕はよく受験生に、インプットとアウトプットのバランスに気をつけるようにという指示を出します。インプットとは、頭に知識を定着させるための勉強で、単語の勉強や社会や理科の知識を定着させる勉強、あるいはどんな文法知識があるかというのを…

得点歩留まり率を高めよう!

2016/12/08 みなさん、テストの振り返りはどのように行っているでしょうか?僕は生徒さんとテストの振り返りをするとき、テスト結果の歩留まり率(得点歩留まり率と呼んでいます)を意識するようにとアドバイスしています。得点歩留まり率とは僕が勝手に作っ…

受験生必見!模試の結果は過去3回分を見比べよう!

2016/12/06 昨日ある生徒さんがマーク模試の結果を持ってきてくれました。僕が何気なく今回の得点や志望校への合格可能性ではなく裏面のグラフを一番に開くと、彼女から「どこ見てるの?」と聞かれたので、今回は僕が普段模試結果で注目している部分について…

しょせん机上の理論は身体情報には勝てない

2016/12/02 昨日自習に来ていた生徒さんを見て、ふと思ったことがありました。それは、もっと視覚情報を活用したらいいのにということです。理科の勉強をしていた彼女は、頑張って知識を言葉としてそのまま覚えようとしていました。双子葉類、ふた葉、主根と…

塾で先生を独り占めする必殺技!~質問は需給曲線を意識しよう~

2016/12/01 3年生になると需給曲線というものを習います。世の中の商品は欲しい人が多くて売る人が少ないと値段が上がり、欲しい人が少なくて売りたい人が多くなると値段が下がるという法則です。アダム・スミスというおっちゃんが、「国富論」の中で「神の…

いつも同じところで間違えるあなたへの処方箋

2016/11/30 「なぁ聞いて~、昨日ユニバ行ってきてん!」「へえ、どんなアトラクションに乗ったの?」「マスコットがちょーカワイくてな、写真とってもらってん」ややデフォルメした部分もありますが、生徒さんと話していると、たまにこんな会話になることが…

SEED'Sブートキャンプ!?まずは習慣を改善しよう[前編]

2016/11/29 昨日の続きで成績の伸びない習慣について、詳細を書き出してみたいと思います。 ①インプットをおろそかにするインプットという形で意味もなく横文字を使ってしまいましたが、問題演習ばかりで単語を初めとした知識を頭に入れようとしない子がここ…

SEED'Sブートキャンプ!?まずは習慣を改善しよう[前編]

2016/11/28 お風呂に水を溜めようと思ったとき、皆さんは次のどちらをまず考えるでしょうか?A 蛇口をもっとひねるB 水が出ていないようにバスタブの詮をする 入試が近づいてきたからなのか、テスト結果が返ってきたからなのか、勉強方法に関する質問が増…

料理と手品を科学する

2016/11/26 「ぬかの中のカルシウムがシュウ酸に反応して中和して外に出るわけじゃん、米油じゃ無理かな?」「・・・水溶性じゃなかったら」このやりとりはプロフェッショナル仕事の流儀での山本征治さんという料理人の会話です。通常、タケノコのアクを抜く際…

テストが終わり、一冊読書はどうですか?

2016/11/25 「先生これ借りていっていい?」僕の仕事机には常時20冊くらいの本が置いてあります。本の種類は非常口のマークでおなじみピクトくんの写真集から、芥川賞作品(コンビ二人間もおいてあります 笑)までさまざま。今は大学が決まった生徒さんに貸…

学習エンゲル係数を大きくしよう!

2016/11/24 一つの家で消費に使う金額のうちのどれくらいが食事にかかっているのかを「エンゲル係数」と言います。僕は子供たちの学習スケジュールを立てる際、これに因んで「学習エンゲル係数」という考え方を採用しています。具体的には、まず24時間の中で…

計画通りに進まない人必見!宿題が溜まらない計画法

2016/11/24 皆さんは学校で課題が出されたとき、「来週の金曜日が提出期限だから、木曜にやればいいや」というように計画を立てている人はいませんか?生徒さんの話を聞いていると、学校の課題が多くて終わらないという話を時々耳にします。でも、実際に課題…

過去問演習の効果は吟味しよう

2016/11/17 高校3年生をみていると、過去問演習に手を出し始めている人が少しずつ増えてきたように思います。もちろん過去問の演習は大切ですが、その意義をしっかりと把握しておかなければこの大切な時期に時間を無駄に使う可能性が出てきます。そもそも、…

目にみえるもの、みえないもの。

2017/11/15 「この歌に歌われているような光景は、現代に生きる私たちも目にすることができますが、もしこの歌の意味を知らないままそれを見たらどうなるでしょう。たとえ目では見ていても、もしかしたらその光景は心にとどまらないかもしれません。この歌に…

勉強を関数で表すと

2016/11/13 僕は受験勉強とは、つきつめると下の指数関数で表すことでできると考えています。[x]は勉強にかけた時間で、[a]は効率や定着している基礎知識量、そして[b]は受験勉強を意識し始めるまでに蓄えた勉強量と本人がもともと持っている能力(ポテンシ…

東京五輪のときに、東京にいるという選択

2016/11/12 僕は基本的に大学の進路相談に乗るとき、下宿は勧めません。京都市という立地を考えたとき、他の地域に住む人よりも、圧倒的に立地面で優れているからです。仮に京都市からの通学可能圏を京都・大阪としたとき、選択肢のとなる大学は全部で86校あ…

成績を伸ばすのに不可欠なコスト意識を身につける

2016/11/12 本日はコスト意識についてのお話です。言うまでもなく、僕たちが持っている一日あたりの時間は限られています。趣味に勉強に睡眠にと、僕たちは24時間を上手く割り振らなければなりません。そのため、勉強をするに当たっては、どのくらいの時間を…

勉強を線で捉えよう!

2016/11/10 「振り返ったとき、一つに繋がる人生を」ジョブズが残したこの言葉は、生きる上で示唆に富んだ名言であることは間違いありませんが、一方で、それは行く先の定まらない場合に効くものでもあるように思います。歩むべき道が明確である場合、点をば…

結果と評価は分けて考える

2016/11/08 自己PRの相談を受けたとき、まず一度、生徒さんが失敗だと思っていることを一通り聞き出すようにしています。その人らしいPRポイントは、本人が失敗と思っている場所にこそ潜んでいる場合が多いからです。部活動でベスト8、部長、応援団長et…

勉強はハイブリットで

2016/11/4 ガスバーナーの実験を思い出してください。マッチをすって火口に近づけ、少しずつガス調節ねじを開く。赤い炎がついたら今度は少しずつ空気調節ねじを開いていきます。空気を加えることによって赤かった炎が青白くなって、ガスバーナーへの点火は…

大学は「やりたいこと」がなくちゃ行ってはいけないの?

2016/11/3 大学入試の進路相談をするとき、僕は次のベン図で考えるようにと伝えるようにしています。もちろんやりたいことがあるのなら、学校のブランドや立地など関係なく、やりたいことのできる学校を選べばいいと思いますが、そんなもの決まっていないと…

満点、狙ってみませんか?

2016/11/01 「中高生のうちに一度でいいから満点を取る経験をして欲しい。」僕が生徒さんによく言う言葉です。天上に触れる経験をして欲しいと願っているからです。テストという「ゲーム」は(遊びという意味ではなく「勝負」という意味でこの言葉を使ったの…

現代文は「勘」じゃない!

2016/10/31 本日の授業終わり、国語の質問をしてきてくれた生徒さんがいました。彼の質問は「この問題の答えの選択肢は説明を読んで納得できたのですが、僕が選んだ選択肢の何処が間違えか教えて欲しい」というものでした。ここ最近、立て込んでいて彼の自習…

進路相談は主語を明確にすることが大事

2916/10/30 「せんせー、◯◯高校っていいの?」いよいよ受験が近づいてきて、こう言った質問をしてくる子が増えてきました。僕は進路選択に関する質問でこの手の聞き方をしてきたら、「知らん!」とあえて突き放すと決めています。「主語」または「目的語」の…

勉強って、拷問ですか?

2017/20/29 目の前にいっぱいに水の入ったバケツと空のバケツが用意され、満タンのバケツから空のバケツへと水を移す。一方のバケツに水を移し終えたら、今度は先ほどのバケツにそれを戻させる。これを永遠と続けさせることで殆どの囚人は自殺するか発狂する…

魅力のある自己PRの書き方

2016/10/29 この時期になると、高校生から公募推薦の志願理由書のアドバイスを求められることが増えてきます。志願理由書を一緒に考えるにあたり、僕は必ず「できるだけ多くのネタを用意してきて欲しい」と伝えます。大抵の場合、自分なりに作り上げた完成品…

小説を読むときは、主人公になりきらない!?

【正しい小説文の読み方を知ろう】 2016/10/27 「お前のその『おかみさん』はどんな家の大きさを想定して言ってんだ。長屋に住んでいるのと大きな家のとじゃあ声の張り方が全然違うじゃねえか」落語家の立川志の輔さんが、師匠談志から芸を教わったときのエ…

楽器を弾く子は勉強ができる?

2016/10/26 「ドラゴン桜」という東大入学をテーマにしたマンガがあります。マンガの中で主人公の桜木先生は「音楽をやっていたやつは勉強に打ち込みやすい」と言います。僕もこの傾向に賛成です。「音楽をやっていると勉強に打ち込みやすい」ということには…

武器と技を持とう

2016/10/25 道具は使うことと手に入れることが重要です。たとえば、ルパンⅢ世に出てくる石川五右衛門は刀の名手ですが、どんなに素晴らしい技術を持っていたとしても刀がなければ力を発揮できません。逆に、何でも切れる斬鉄剣のような刀を持っていても、僕…

考えるために全訳しよう!

2016/12/24 大学入試の英語の問題について。英語の読解が苦手な子に、僕はよく全訳をオススメします。英語長文の問題が解けない理由は次の3つのフェーズに分けられます。①そもそも語彙が分からず内容が読めない②語彙はある程度分かっているのがけれど、文の…

公募推薦は簡単か?

2012/10/24 公募推薦について、ある生徒さんからこう聞かれました。Q,「公募推薦って簡単なの?」僕の答えはこう。A.「一般入試と比べれば簡単だよ」同じ生徒さんから別の日に同じことが聞かれました。Q,「公募推薦って簡単なの?」僕の答えはこう。A…

浪人のメリット、デメリット

2016/10/21 高校3年生の子と、進路についての話をしていました。その中で出てきた「浪人」という言葉。希望する進路目標が高ければ、どうしてもダメだった場合のことも真剣に検討しなければなりません。当然、第一志望の学校に受からなかった場合は志望校を…

水を汲む村人でなく、井戸を掘ろう

僕は勉強をしばしば「水を汲む村人」にたとえます。ある村人は水が欲しいと言って、少し離れた場所にある川に毎日水を汲みに行く。別の村人は水が欲しいと言って、頑張って井戸を掘る。川に水を汲みに行く村人は、毎日生活するための水は手に入るけれど、そ…

ノートをとるとき、何回みていますか?

2016/10/18 テスト前になると学校の提出課題で、ノートまとめを頑張っている生徒さんを見かけます。時間をかければいくらでも時間をかけることができてしまうノートまとめ。工夫次第で、非常に効果的な勉強手段にもなります。塾に自習をしに来ている生徒さん…

テストの振り返り!

2016/10/14 今週は高校生の子たちの多くが定期テストでした。昨日、僕が担当している生徒さんの1人が、「あの文の係り結びのところあったやろ?あれ、『こそ』があるから『已然形』って書かなあかんのに、間違えて『未然形』にしてしまってん!」と残念そう…