ほぼ日刊、SEED君のひとりごと

京都府西京区阪急桂駅前の学習塾、シードゼミのブログです。Facebookで更新しているコラムを転載しております。

阪急桂駅徒歩1分!京都市西京区に根ざして15年。地域密着だからこそできる、ひとりひとりににあわせたきめ細やかな指導が自慢です!

SEEDゼミウェブページもあわせてよろしくお願いします!

No.302 能動的にSNSと関わろう!

2017/04/19

僕は自他ともに認めるほどのSNSヘビーユーザーです。
そんな僕がLINEやTwitterといったSNSに触れる際に心がけていることがあります。
それが、「主導権を自分で持つ」ということです。
SNSでのコミュニケーションをしていると、「時間を細切れにされる」ことのパフォーマンスに与える影響を痛感します。
ちょっとした雑務や片手間でできることに関しては問題ないのですが、まとまった時間を必要とする作業を行っているときに入ってくるSNSの通知は、作業に対して非常にマイナスです。
これは勉強についても同じこと。
勉強はある程度まとまった時間、その科目に没入するからこそ「知識」が定着するのです。
それが、友達からの返事が気になっていたり、できるだけ早く返さなければとソワソワしていたら、当然知識が定着するはずがありません。

そんなときに重要なことが、コミュニケーションの主導権を自分で持つというスタンスです。
たとえば、自分のまとまった時間でなければ連絡が来ていても気にしない、既読をつけて返さないといけないと思うのであれば「今は返せないのでまた後で」と伝えるなどです。
SNSと上手に付き合うには、SNSのコミュニケーションが「会話」と「連絡」の全く違う二つの要素で成り立っているものであるということを認識することが大切です。
Twitterの返信でのやりとりや一対一でのLINEのやりとりは「連絡」、Twitterでのつぶやきや、グループLINEのやり取りは「会話」です。
「連絡」に関して重要なことは、自分の空き時間に簡潔にまとめて返信するという心構えです。
簡潔に答えなければ相手からまた返信がきて、ダラダラとやり取りが続いてしまいます。
出来る限り簡潔に、用件に対してのみ返す。
この姿勢が重要です。
それに対して、つぶやきやグループLINEのやり取りのように「会話」のコミュニケーションで重要なことは、「話題は基本的に流れるもの」という意識です。
タイムラインに流れているのは、学校でいうところのいろいろなグループの人がしている雑談です。
興味があるときにだけそこに参加して、そうでないときは雑談として流してします。
それが「会話」型のコミュニケーションツールで重要な意識です。
この二つのことを意識せず、だらだらと話したり、どの話題にも参加しなければならないというような強迫観念にかられると、SNSとの主従関係が逆転してしまいます。
自分の生活がSNS中心になってしまう。
そうすると、時間が細切れになり、結果としてあらゆるパフォーマンスが低下してしまうのです。
僕はSNSをやるなとはいいません。
むしろ、テクノロジーとして生活に根ざしている以上、積極的に関わるべきだと思います。
しかし、その技術に自分の生活が振り回されるようならば本末転倒です。
せっかく便利なツールがあるのなら、能動的に使いこなす。
こうした姿勢でSNSと付き合うことが重要です。

No.301 HIKAKINさんになりたい?ぜひなって下さい!

2017/04/17
少し前、大阪府内のとある小学校が行った将来の夢ランキングで、ユーチューバーが3位となったことがニュースになりました。
僕自身、ユーチューバーの動画は見ていないので、その人気にイマイチ実感が湧かなかったのですが、確かに生徒さんを見ていると、「河原町に〇〇というユーチューバーが来ている」と騒いだり、「〇〇というユーチューバーが、~」という話をしていたりと、ユーチューバーに関する話を頻繁に耳にするようになりました。
「一定の人気を得ているのなら…」と、僕も先日ユーチューバーの動画を見てみることにしました。
で、実際に見た結果、ユーチューバーを目指したい子がいるのであれば、是非やってみたらいいと思いました。
こんな風にいうと、「ユーチューバーなんてよく分からない職業を勧めるなんて!」と言われてしまうかもしれません。
なので、誤解の無いように予め言い訳しておくと、僕がユーチューバーに関して凄いと思ったところは、子どもたちとは少し違う部分です。

僕が凄いと思ったのは、「好きなことをやって生きている」風に見える表面的な部分ではなく、あれだけ人を集めるコンテンツを作り続ける企画力と面白く見せる演技力、さらには視聴者を飽きさせない編集能力です。
彼らの動画は一見するとバカバカしいことをしているだけのように見えますが、実は非常によく練りこまれています。
普通の人が出来ないような規模の大きいことを「おふざけ」をしたり、スポンサーがつきそうなトピックを選んで商品の紹介をする。
そうした企画を毎日考え続け、収録して、面白く映るようにBGMや効果を加えて編集する。
こうした作業を毎日何本もやっているのです。
試しに有名なユーチューバーさんの動画を開いて、そのカット数(場面の切れ目)を数えてみたのですが、その人の映像では冒頭30秒で10回近くのカット割りがされていました。
そのことだけでもどれだけの労力がかかっているのかが伺えます。
こうした努力をおくびにも出さず、毎日欠かさずし続けるのがユーチューバーという職業です。
きっと、それだけの能力があれば、ユーチューバーでなくとも、企業からは引く手数多でしょう(笑)
だから、ユーチューバーを目指したいという子がいるのなら、目指してみたらいいと思うのです。

編集、企画、営業などの各種スキルを身につけたうえで、人前に顔を出してネタにされる。
消費者目線でみるのと、実際にやってみるのとでは、見える景色はまるで違います。
もし、ユーチューバーを本気で目指したいという人がいるのであれば、一度やってみたら面白いと思います。
きっと、信じられないくらい多くの事が勉強できると思います。

・・・もちろん勉強はおろそかにしないで下さいね(笑)

No.300 積み上げだけが、絶対に逆転できない差別化要因なのです

2017/04/13
さまざまな勉強に関するノウハウや考え方をこのコラムで書いてきましたが、やはり一番重要なのは「続けること」、これに尽きると思います。
このコラムを定期的に書き始めたのが2年前の夏休み明け。
600日ほど経った現在でちょうどNo.300を迎えました。
1000文字前後のこのコラムを、だいたい2日に一本のペースで書いた計算です。
もし誰かが今からコラムを書き始めて追いつこうとしたら、仮に毎日書いたとして、その間にも文章は積みあがっていくので、追いつくのには600日は必要になります。
一日2本書くとしてもも400日。
これを勉強に置き換えてみましょう。
Aさんが一日1時間、毎日600日勉強を続けているとします。
3年生になったのを機に受験勉強をしようとB君が勉強をはじめ、Aさんに追いつこうとしたとき、B君はAさんの倍の毎日2時間の勉強を始めたとして、Aさんに追いつけるのは600日後、とても受験には間に合いません。
BくんがAさんの3倍がんばって、ようやく追いつくのは300日後。
受験にギリギリ間に合うかどうかです。
コツコツと積み上げることは、長い目で見たときに非常に大きな差別化要因となるのです。

効率のよい勉強や密度の高い学習が効果を発揮するのは、同じスタートラインに立っている人と比較する場合です。
そもそも積み上げているものがある人に対しては、そんな「小手先」のテクニックで逆転することは不可能なのです。
逆にいえば、早くからそのことに気がついてコツコツと積み上げているものがあれば、それだけで大きな武器になる。
スマホのゲームにせよ本にせよテレビにせよ、最近の娯楽は瞬発力に重きを置かれたものばかりで、長くじっくりと積み上げるという経験をする機会が減っています。
だから勉強も、短期間でどれだけ効率よく点数が取れるかという思考に陥ってしまいがち。
しかし、勉強は本質的に短期間での結果を望むものではありません。
ここのマインドセットを変えない限り、本当の意味での勉強は始まりません。
「継続は力なり」と言いますが、そのことに気がついて、早くから動き始めることが何よりも重要なのです。

小手先のテクニックではなく、本質的な知識を身に付けて下さい。
目先のリターンではなく、長期的な目標を見据えて下さい。
周りには絶対に真似できない「力」が身につけるには、こうした姿勢でコツコツと積み上げることしかないのです。

f:id:kurumi10021002:20170711233151g:plain

f:id:kurumi10021002:20170711233205j:plain

No.299勉強は、身だしなみから始めよう

2017/04/13
勉強がうまくいく人はオシャレである。
完全に独断と偏見ですが、僕はこのように思っています。
もちろんここでいう「オシャレ」と流行に敏感で、洋服をたくさん持っていてetc…といったことではありません。
単純に寝癖を直すとか、スウェットのまま来ないとか、キチンと顔と歯を磨くとか、そういうお話。
当然これは「トイレをキレイにすると心も磨かれる」的なJ-POPにありがちな精神論ではありません(笑)
身だしなみをキレイにしているっていうのは、それだけ細部にまで気を配ることができるということと、余裕をもって生活ができているということだと思うのです。
たとえば、朝シャワーを浴びて、しっかりと髪型を整えて、季節にあったそれなりに清潔感のある服装をしようと思ったら、ある程度余裕をもって準備を始めなければなりません。
この「余裕をもって準備する」というのが当たり前になっているかどうかが非常に大事なのです。
僕はオシャレをしようというのに加えて、朝食をしっかり食べようという話をしているのですが、根っこの部分に流れる考え方はオシャレと同じです。
お母さん、お父さんが作ってくれたご飯を食べよう思えば、家族の生活リズムに合わせなければなりません。
休日の朝10時に起きて、家族がとっくに食事を済ませている中で、「母さん、メシ!」だなんて失礼なことはできませんから…
(やっている人がいたら、迷惑だから即刻やめてください!)
外見を意識する、朝食をしっかりと食べるというのには、自分の生活リズムを主体的に決定する効果があるのです。
生活リズムの主導権を持つことは受験勉強のように、長期的な時間の投資が必要な作業にとって、非常に重要です。
起きたい時間に起きて、なんとなくその日の気分で勉強をするというのでは絶対に成績は伸びません。
最終的な目標から逆算して、一日当たりにやるべきことを定める。
そして淡々と実行する。
これをするためには、時間管理を主体的にすることが不可欠なのです。
だからオシャレをしよう(笑)
僕の理屈はこう。
もちろん、オシャレというのは直感的に分かってもらうために言った半分ギャグみたいなものですが、感覚値として、やっぱり身だしなみに気を配る人は安定して成績が伸びるように感じます。
因果と相関をごっちゃにするつもりはありませんが、生活習慣を変えることで勉強に良い効果が表れることは間違えありません。
年度が変わり、勉強を始めようという思っている人がいたら、まずはここから始めてみましょう!

No.298 偏差値を理解しよう!

2017/04/10
模擬試験を受けると必ず出てくる「偏差値」という値。
みなさんはこれがどんな値であるのかを知っていますか?
見慣れてはいるけれど、どんなものであるかが意外と理解されていない偏差値と言う値。
今回はこれについて簡単に説明してみたいと思います。
誤解をおそれず、あえて偏差値とは何かをざっくりとまとめてしまえば、「自分が全体のどの位置にいるのかを示した値」であるということができます。
例えばテストの点数の場合、その都度の難易度に大きく影響されてしまいます。
学校の定期テストで80点を取ったということと、ずっとずっと難しい模試で60点であったということは単純には比較できませんよね?
テストでの素点は、あくまでその試験においての指標に過ぎないのです。

点数の見方として、自分のテストの点数が、平均点と比べてどれくらい良いのか(あるいは悪いのか)という視点で点数を見る人も多くいると思います。
これを統計学では「偏差」とよびます。
因みに、この「偏差」という考え方は「偏差値」と全く違うので注意が必要です。
偏差に関しては、平均点と比べて自分がどれくらいの位置にいるのかという観点でみているため、素点で比較するよりは正確に実力を測ることができますが、それでも、比較にはあまり使えません。
同じ「平均点よりも10点上である」という結果であったとしても、平均点近くに殆どの人が集まっている場合と、平均点よりもはるかに離れた部分に人が散らばっている場合とでは、やはり事情が違います。
分かりやすくするために、ある4人のテスト結果の平均点で考えてみたいと思います。
4人の生徒が数学と英語のテストを受けて、数学・英語共に平均点は50点だったとします。
一見すると「同じ」結果です。
しかし、1人1人の内訳を見ると、数学は1点、2点、98点、99点で平均が50点、英語は49点、48点、50点、53点で平均50点。
出てくる平均点は同じ50点ですが、これを「同じ」と考えるのは少しまずい気がしませんか?

他にも、順位を見る人もいるかもしれません。
順位で考えれば、自分がそのテストでどの位置にいるのかは分かりますが、やはり難易度が加味されていないので、適切に実力を知ることはできません。
そして何より、順位は受けている人数により大きな影響を受けてしまいます。
こうしたもろもろの影響を加味して作られたのが、偏差値という考え方なのです。
偏差値を見れば自分が受験者全体の中で、およそどのくらいに位置しているのかを知ることができます。
例えば偏差値が70以上であれば全体のおよそ2.3%、65で6.7%、60ならば15%、55で31%くらいです。
同様に、偏差値は左右対称の割合で分布しているため、偏差30で全体の下位2.3%、35で下位6.7%、40ならば下位15%、45で下位31%となります。
これは全員の分布の話なので、問題の難易度が異なっていたとしても比較することができます。
自分が全体のどのくらいに位置しているのかを判断する基準として偏差値は非常に便利なので、上にまとめた大体の分布を覚えておくといいでしょう。

No.297「0→1、1→10、10→100にする勉強」

2017/04/08

以前、勉強方法には段階があるという話をしましたが、今回はもう少し踏み込んでみたいと思います。
成績を伸ばしたいという目的は同じでも、その段階において勉強方法は異なります。
僕はこれを、大きく3つに分けて、「0→1にする勉強」「1→10にする勉強」「10→100にする勉強」と呼ぶことにしています。
いきなり「10→100にする勉強」から初めても成績は伸びませんし、反対にいつまでも「0→1にする勉強」をしていても結果には繋がりません。
段階に応じた勉強を意識することが大切なのです。

「0→1にする勉強」とは、全くのゼロベースから、その内容を学ぶのに必要な知識を最低限の知識を身に付ける勉強のことを指します。
理屈や背景の前に、最低限これだけは頭に入れておかなければならないという知識を入れてしまう勉強のことです。
例えば、社会であれば歴史上の人物や事件の名前、英語であれば最低限の英単語や文の構造等がここに該当します。
そもそも殆ど動詞も分からないというような状態では、その科目の知識を積み上げることなんて不可能。
科目を学ぶ上で必要な知識をまずは揃えようよという段階です。
ちょうど部活動で言うところの、道具を揃えることだと思って下さい。
ラケットを持ってもいないのに「テニス部です」なんて言えないですよね?

次の「1→10にする勉強」は基本的な仕組みを理解していく段階です。
テニスでいえば、テニスのルールを覚えたり、筋トレ、素振り等を行ったりするイメージ。
それぞれの科目、それぞれの

単元には、最低限覚えておかねばならない基本的な考えかたのようなものがあります。
例えば英語であれば、各単元で出てくる形の肯定文・否定文・疑問文を覚えるとか、そういったもののことです。
これらを身につけるには丁寧で、地道な反復練習が不可欠です。
同じような問題を何度も繰り返し解くことで、パターンを定着させる。
これが「1→10にする勉強」です。
ちなみに、ここでどれだけ丁寧に練習したのかが、次の段階に非常に大きな影響を与えます。

二つの勉強がしっかりと修められた上で行うのが「10→100にする勉強」です。
ここでようやく応用力をつけていくことになります。
今までに身に付けた知識と考え方を組み合わせることによって、未知の問題に対して解答の糸口を見つける練習をしていきます。
部活動で言えば練習試合。
日頃の練習内容を、どう実践の中でアウトプットしていくのかを意識することで、この段階の勉強の効率は異なってきます。

以上が僕の考える勉強の3段階です。
人によって得意な段階は異なります。
Aさんは「0→1にする勉強」が得意なのに対し、B君は「10→100にする勉強」が上手というようなことがザラにある。
しかし、だからといって、自分の得意な勉強ばかりをしていては、決して成績は上がりません。
苦手意識を克服しつつ、段階を意識して勉強することが重要なのです。
これから受験勉強を本格的に始めようという人がいたら、この事を常に意識してみてください。

No.296 秘伝!読書感想文の書き方

2017/04/07
「感想文を書かないといけないのだけれど、本が読み進められへん!」
今年の3月に卒業した生徒さんが、こう言って顔を出してくれました。
なんでも内容が難しくて、頭に入ってこないのだそう。
本を読んで感想文を書くのにはちょっとしたコツがいるのです。
僕はよく、文章を書くことを料理に例えます。

通常の感想文やテーマが与えられている小論文は、テーマにそって、どんな意見や感想を書けるのかが重になってきます。
言わば、与えられた材料を即興で調理するスキルを試される調理勝負。
それに対して、読書感想文は材料の調達から行うイメージです。
本という食材の生息地の中から、自分で食材を調達してきて、それを自分の技術で調理する感覚。
読書感想文が苦手と言う多くの子が、調理の部分ではなく、「材料の調達」の部分をしていないのが原因で躓いているように思います。

いい読書感想文を書くためには、いい本の中からいい材料を調達することが不可欠。
ということで、僕が本を読んでその内容を授業に取り入れたり、文章で引用したりするために普段行っていることをまとめたいと思います。
僕は、こうした「ネタ集め」のための読書は、それと割り切って、非常に速く読むことにしています。
直感的に分からない細かな部分にたちどまったりせず、とりあえず読み切ることを目的にしてしまう。
こんなことをいうと「読書において、性急は怠惰の別名に他ならない」と言ったエミイル・ファゲに怒られてしまいそうですが、あくまでネタ集めの手法なので大目にみて欲しいです(笑)
(そうやって読んで、興味のある本に出会ったのなら、今度はじっくり丁寧に読んでください!)

読み進めながら、気になったページの端を折り曲げていきます。
その基準は、自分が気に入った言葉や考え方でいいでしょう。
とにかく本の中で気に入った箇所が出てきたら、そのページに戻れるように印をつけておきます。
もちろん直接気になった部分に線を引くとか、付箋をつけるとかでもいいのですが、イチイチそれをやっていたら時間が勿体無いので、僕はページに折り目をつけることにしています。
そうやって本を読み終えたら、次はチェックしたページの気になった箇所を一つずつ取り出してノートにまとめていきます。
そうすることで内容が復習できるのと同時に、自分だけの「気になった内容リスト」を作り上げることができるのです。
これが、僕の言う材料の調達です。
ここまでしておくと、文章を書くことが格段に楽になります。
あとは書き出したリストに沿って、思ったことを掘り下げていくだけでいいからです。
これが僕流の読書感想文の書き方です。
もし、学校で感想文の課題が出ていて、どうやって書けばいいか悩んでいるという人がいたら、是非このやり方を試してみてください。